【役所にイライラ】合わない担当職員への憤りが読むだけで静まる3つのヒント

美ママのラク家事&処世術

手続きに行った「役所の担当さんたちにイラッとくる」ことはありませんか?

・年上のおじさん担当員が「なぜかいつもタメ口で話してくる」のがなれなれしく気持ち悪い

・質問をするといつも「それはちょっとわからない・・・」とアピールされる

小さなミスが本当に多く、こちらがいつも訂正を出さなければいけない

毎日顔合わせる間柄では無いですが、「申請や手続きに必ず行かなければならない」お役所。

それも相談業務などで決まった担当者と何度も話をしていかなければならないのに、合わない人だとホントにしんどいです。

  • 「できれば担当者を変えてもらいたい」
  • けど「子どものことがあるからおおごとにするのは面倒

だとあれこれモヤモヤと考えて疲れてしまいますよね。

わたしも我が子の療育手帳を申請したときに、「1か月で取得できる手帳が担当さんの勘違いで4か月待ち」になりかけたことがありました。

しかし、

全く利用しないわけにはいかないところなので、できればストレスなく手続きを済ませたいものですね。

そこで今回は、

合わない役所の担当者とうまくお付き合いをするヒント3つ」具体的に紹介します。

 一般のサービス業とは根本的に違うということを知る

民間のサービス業とつい比べて腹立たしく思ってしまいますが、公的機関は目的や存在意義がまったくちがいます。

  • 「利益第一ではない」
  • 「つぶれる心配がまずない」

ので、こちら側がびっくりしてしまうような対応をされることがあるんですね。

例えばレストランや美容院などは「数あるお店の中から選ばれ、リピーターを増やさないと店が潰れる」という危機を常にかかえています。

生き残るために、毎日毎日ありとあらゆる工夫をこらしています。

その「高水準なサービスを受けることに、わたしたちはあまりにも慣れすぎている」わけなんです。

そこで、お役所に行くと「あれれ?」とギャップに驚いてしまうんですね。

そういった「民間のサービス業と公共機関が、根本的にちがうものだ」ということを改めて知っておくだけでも
こちら側のストレスがかなり減ります。

 役所の困った人たち「なんでなの?」タイプ別攻略法!

では具体的に困った人たち別に、「困った人たちの対応方法」を紹介します。

タメ口で話しかけてくる

教員経験者(元校長先生など)が窓口に従事している場合などに多いです

職業柄、年代的な特徴でもあります。

また 意識的にタメ口で話をすることで「相談してくるママたちをリラックスさせ」相談しやすい雰囲気を作ろうとされているという場合もあります。

それでも、すごく気になるときは「タメ口苦手です」とはっきり告げてもいいですよ。

業務に詳しくなさ過ぎる

たくさんの業務のサブばかりを担当しているアシスタントかもしれません。

もしくは、「異動してきたばかりの人」が横席の抱えている業務について全然知らない状態であるのかも。

確実に業務が遂行されるように

  • 付箋で重要事項を張っておく
  • 「こちらから積極的に説明をする」

などのひと手間を足すのが一番リターンが大きいです。

簡単なミスが多すぎる

パラパラと小さなミスが多い人も困ったものです。

事務に合っていない人が、たまたま配属されてしまっていのかもしれません。

こちらのイライラしている様子が都度伝わると「相手は余計に焦ってまた次のミスをしてしまい」かねます。

間違いがないかちらちらとチェックしつつ、ゆっくり待ちましょう。

何かこちらができることがあったら「サポートしてあげよう」という気持ちで接するとミスも減ってくれるかもしれません。

合わない職員が異動するのを待つ

お役所は早ければ2、3年で異動があります。

どうしても我慢ならない場合を除けば、大元に苦情を上げるという労力は節約しておきましょう。

何年か待てば変わるから」ということで待つほうが結果的に省エネです。

案外、来年には違う人が配属されてくれるかもしれません。

まとめ

さて、いかがでしたか?

ストレスなく手続きを済ませられるように、合わない担当者がいるお役所を利用するときは

  • 一般のサービス業とは根本的に違うということを知ること
  • 困ったケース別に具体的な対応策をとること
  • 異動するのを待つこと

の、3点でした。

お子さんが様々な福祉サービスを利用させてもらう時に、ちょっと変わった担当者に遭遇するということは今後もあり得ます。

ちょっと変わった方々にもそれぞれの事情があるんでしょうね。

ただ

  • 個人情報が漏れてしまった
  • 重要書類を紛失されたのに詫びがない
  • あまりにも伝達ミスが多すぎる

など、ちょっと「常軌を逸脱している」場合は、「母体のセンターに相談」されてみてくださいね。

育児と切れない「役所利用」のストレスが、少しでも軽くなりますように。

それでは今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※注意※

ちょっとしたことにイライラ。待つのがツラい。ついカッとなる。

もしかするとそれ、「隠れ貧血」かもしれません。

サッと鉄サプリをとりいれて「鉄不足を解消」しませんか?

甘みと酸味が絶妙。美味しい。子供も食べられる。

ビタミンC配合で、美肌効果も抜群です。

鉄サプリメント https://iherb.co/2pvkP7a7

B!