【発達障害児の唾吐き】叱ると逆効果!〇〇を使った即効シンプルな唾遊び防止法

お困り症状の改善案

「子供が部屋の中で唾吐き」をすることに、心底困られていませんか

・唾吐きが心配で「児童館や友人宅、スーパーにも行けない」

・何度「ダメ!」と言ってもニヤニヤして余計に繰り返す

・あらゆるオモチャにも唾を溜めて、家じゅうがツバ臭くなってしまった、悲しい

我が子も3歳になりたてのころに「唾吐きブーム」が来てしまいました。

家じゅうクサイし、歩くとしょっちゅう唾を踏んでしまうしで、精神的にかなり参っていました

なんとか解消したくて必死にあちこち相談しました。

すると、

児童デイのベテラン先生から「とっておきの方法を聞き唾吐きブームを無事に終わらせることができた」んです。

何のテクニックもいらず、実にシンプルなことでした。

だから、

これはぜひともあなたにも試してもらって「唾吐きブームからサッサと抜け出していただきたい」です。

そこで今回は、

あるものを使って「子供の唾吐きブーム」に即効効果があった簡単な方法について紹介します。

「だし昆布」を小さく切って、子供の口に放り込む

今回使用するのはこちら、だし昆布です。

おやつ昆布とかのやわらかいものではなく、分厚く大きい「だし用」のものがおすすめです。

これをお子さんが飲み込んでしまわないくらいの大きさ(手で持てるくらい)にカットしておきます。

唾吐きを始めたら、「はーい、昆布だよ~!」と お口にいれてあげてください

ママ
「は?昆布・・・?」

・・・そう思われますよね。

わたしも、実は最初聞いたとき、心の中で「そんなうまくいくかい」とツッコんでいました。

でもこれ、唾吐き本当に止まるんです。

ママ
「なんで?」

唾吐きというループ行為を「昆布をくわえる」ことで断ち切れる

お子さんの唾吐きは、「悪意がある」「いたずらしたい」という理由でやっているわけでもないんです。

口の中にたまる液体を

  • 「グチュグチュする」
  • 「溜まってきたら外に出す」
  • 「出したものを目で確認する」

という「パターン」にハマってしまっていて、自分でも断ち切れなくなっていることが多いです。

この行動を「やめさせる」ことは、衝動が強い発達障害の子たちには、ものすごく難しいことです。

そこで、「昆布をくわえさせてあげる」ことで、「唾を吐き出す」というループ行為を断ち切ります。

「唾を吐きだす」という刺激→「昆布をしゃぶる」という刺激へと、上書きできるんです。

新しい流れをインプットして困った行動を避けるのです。

管理人

ちなみに昆布戦法のほかに、「オモチャを手に持たせて気をそらす」というアドバイスも受けました。

こっちはウチの子には全然効果なしでした。

オモチャ片手に唾吐きしてました。

あと、昆布がダメなら、するめとかも良いですよ。

両方とも、噛んでて虫歯になりにくいのでおすすめです。

ぜひ、試してみてくださいね。

「ダメ!」と強く叱る、叩いてやめさせるのは逆効果

唾吐きに限らず、「やってほしくないこと」を発達障害児に伝えるときの注意点です。

  • 「ダメ!」と大声を出す
  • 「なんでそういうことするの?!」と怒る
  • 叩いてやめさせる

などは、NGです。

彼らの中で

望ましくない行動をする
「ダメ!」と叱られる【刺激】【強い不快】
→ものすごくつらい気持ちになる、感情が高ぶる【印象的でパターン化する】
→同じことを何度も繰り返したくなる

という一連のループができてしまうからです。

最後に怒られるってわかっていたら、やめてくれそう、って思ってしまいますよね。

定型発達の子供だったら、それが通じるときもあります。

しかし、

発達障害の子たちは「一定のパターンを繰り返す」ことにすごくこだわってしまいます。

たとえ本人たちが望まないバッドエンドになることでも「繰り返し繰り返し再現させなきゃ気が済まない」という衝動が起きてしまうんですね。

ニヤニヤしながら同じことを繰り返すのも、わざとやっていると決まったわけではありません。

顔は笑っていても、本人にも止められなくて困っている場合もあるんです。

このことをちょっと頭の片隅にとどめておいてみてくださいね。

「唾溜め遊び」対策は凹みがあるオモチャを全撤去する

唾吐きブームと同時に、「唾溜めブーム」が来るお子さんもいます。

いろんなオモチャのくぼんでいる部分に唾を溜めてしまうんです。

唾溜め遊びの対策は

  • おままごとグッズ
  • パズルのケース
  • ミニカーのトラック

などなど「凹みがあるオモチャを一時的に撤去」し、物理的に、「唾を溜めることができないように」します。

うちもこれやると、「何もない」遊び場になっていましたが、結果的に早く唾遊びブームが去ってくれました。

「ダメ!と言うことになりそうなものをできるだけ退けてしまう」ことは、とてもおすすめなので、ぜひやってみてくださいね。

「うちはこれで唾吐き止まったよ!」みんなの小技5選

同じように「唾吐きで困っていたけど、これで止まったよ」というママたちのワザを集めました。

あわせて紹介します。

ママ
唾吐きをすることは『ばっちい』ことだと言葉で伝えた。
繰り返し伝え、吐いた唾は自分で拭かせるようにした。
ママ
わざと唾を吐いてる時はすぐに、「洗面所でぐちゅぐちゅぺーしよっか」と声をかけた。
そして、洗面所で思いっきりうがいをさせた。
ママ
唾を吐きそうになったら、お口!と言いながら、両手で口を抑えるしぐさをした。
定着するまで何度か続けて行うと、「お口!」と言うと自分で抑えてくれるように。
ママ
子供が唾をためているのを見かけると「飴どうぞ」と、虫歯予防効果のある飴をなめさせて、唾を呑み込ませた
ママ
大好きなしまじろうのパペットを使って「ごっくんだよー、僕はやらないよー」と高めの声で言ってみると笑って唾吐きをやめました。またやりそうになるとしまじろうを利用して「ごっくんだよー」と。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ 唾吐きは一過性のモノ、やがておさまる

さて、いかがでしたか?

「発達障害児の唾吐きを抑える方法」とは

  • 「だし昆布」を用意して、唾吐きを始めたら口に入れてあげる
  • 「ダメ!」と強く叱らない、刺激しない
  • 唾を溜められそうなオモチャは撤去しておく

というお話でした。

我が家もこれらの方法で、あまり刺激せずに過ごしていました。
すると、1か月も経たないうちにまったくやらなくなってくれました

唾ブームは決して歓迎できるものではありません。

しかし、「一過性のモノ」として、静かに、時期がすぎるのを待ちましょう。

まずは、次のお買い物のときに「昆布かするめ」を揃えてみて、お試ししてみてくださいね。

それでは今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※注意※

唾吐き、危険なモノに突進する、なにごとも待てず癇癪・・・。

実は、幼児期の「隠れ貧血」がお子さんの「強すぎる衝動性」を引き起こします。

甘みと酸味が美味しいお菓子感覚のサプリで、お子さんの鉄不足を解消してあげませんか?

https://iherb.co/2pvkP7a7

【全然食べない!】発達障害児の偏食が飛躍的に改善する3つの対応方法

2018.06.11

【危険が分からない】今すぐやるべき!発達障害の子供を守る部屋づくりおすすめアイテム3つ

2018.05.23
B!