【発達障害と進路】転園を検討?最適通園パターンを決める秘策3選

 


現在在籍している幼稚園(または保育園)にこのまま続けて通わせることが

本人のためになっているのか迷う、というお悩みはありませんか?

 

・年齢が上がってきて他の子達と同じようにできないことが日ごろの生活のなかで増えてきている

 

・幼稚園に行くことをとても嫌がるようになった

 

・療育施設の存在は知っているけれども定型発達のお友達と触れ合いながら成長していって欲しいと思う

 

・やはり小学校は普通級進学を視野に入れているので今から療育施設へ連れて行くのはどうかと・・・

 

 

赤ちゃん時代から幼児に成長していくなかで

だんだんと発達に特性がある子どもたちは

個々の発達パターンが目立ち始めます。

 

幼稚園や保育園などでの一斉指示を理解することができずに

注意される回数が多くなってしまう

お子さんがつらそうな様子を見るのは心が痛みますね。

 

また「小学校進学などを視野に入れたときにどの選択をしてあげるのがベストなのか」は

ママたちの大きな悩み事の一つです。

 

そこで今回は

幼稚園または保育園か療育施設か

お子さんに最適な園選びパターンについてご紹介します。

 

就学直前のお子さんの姿を想像、簡易ゴールを再検討

ママの中にある希望や、またパパの希望などを一度整理してみましょう。

 

就学後は

小学校普通学級、小学校の支援学級、特別支援学校

大きく分けても3つの進路が考えられます。

小学校入学時に普通級に入ることが万人向けの絶対のゴールではありませんよね。

 

就学直前のお子さんを想像した時に

・どんな風になっていて欲しいか

・どのようなことを大切にする人になって欲しいか

・伸ばしてあげたいところはどんなところか などを

書き出したり考えたりしてみましょう。

 

複数回、発達検査を受けているお子さんであれば

「発達検査の推移」はどうでしょうか?

 

発達検査の推移で知的障害の程度が軽くなってきているならば

就学に関して普通学級を検討するという道も見えてきます。

 

また就学直前に療育園に通っていたというお子さんなら

その後小学校普通学級にいきなり上がるというのは

お子さんにとっても非常にストレスのかかるケースになってしまいます。

 

お子さんの就学直前の様子を想像して

そこまでの簡易ゴールを仮定し、

今からどのような道を選んであげればいいか

ざっくりでもいいので一度時間をとっゆっくり検討されることをおすすめします。

 

現在利用中の園に引き続き通園する

将来的に小学校の普通級に進学することが

本人にとっても良さそうだという結論が今のところ出た場合

現在の幼稚園または保育園に引き続き通いつつ様子を見てあげるのも一つの方法です。

 

地域の小学校へ進学する場合「同じ園内にその小学校に進学するお友達がたくさんいれば」

お子さんも安心できますし

他のお子さん達も〇〇ちゃんはこういう風に接したらいいんだなと事前に

お子さんとの接し方に慣れていてくれるので

新生活を順調にスタートさせるプラス要因になりますね。

 

また現在ママが悩まれていることはぜひ幼稚園の先生にご相談されてみてくださいね。

意外な解決策を教えてくれたり糸口が見つかるかもしれません。

 

園と療育施設を併用する

 

可能であれば、現在利用中の園と療育施設との併用を検討してみましょう。

何らかの事情で現在の園と療育施設の併用が難しい場合は

療育施設と園を併用できる幼稚園や保育園を検討されてはいかがでしょうか?

 

二箇所に通所させることでお子さんにとっては混乱を招くんじゃないかという心配もありますが

併用する時期を設けることで「お子さんにとってどちらが向いているのか」

よりお子さんの良さを伸ばしてあげられるのはどちらかがはっきり分かるかもしれません。

 

療育施設と園で連携をとってもらうことができれば

お子さんを支える大人の目も増えます。

 

「療育園から指導員が園に出向く訪問支援」の利用も検討されてみてくださいね。

 

療育施設に転園する

二か所の併用がお子さんにとって負担になっているようだ、

見学してみた時に本人が生き生きしていた

などの理由で療育施設一本にすることも一つの方法です。

 

療育施設の良いところは

「お子さん一人当たりに対してたくさんの指導員の目がある」ことです。

少人数制で、指導員の割り当て数が多いんですね。

 

また、全体に呼びかける一斉指示が少なく

「お子さん一人ひとりに合わせて丁寧に訓練や指導を行ってくれる」ので

お子さんが「自分にもできた!」という自信や達成感をたくさん育ててあげることができます。

 

小規模な療育施設ですと、

ひとつのクラスに様々な年齢層のお子さんがいるので

お兄ちゃんお姉ちゃんたちに世話を焼いてもらうこともあり

またお子さんがもっと小さなお子さんのことをお世話してあげたりと

「縦のつながりを上手に勉強しやすい」というのもメリットですね。

 

一度見学に行かれてみる、もしくは療育施設の指導員に相談をしてみてくださいね。

まとめ

まとめます。

・まず ママの思いを整理すること

就学直前にどういう様子になっていて欲しいかを検討する

 

・ 現在利用中の園を 続けて利用する

 

・現在利用中の園と療育施設を併用する

 

・療育施設に転園する

 

さて、いかがでしたか?

 

最終的にどの道を選ぶかは

お子さんご本人が示してくれることが多いです。

 

お子さんの様子で、どこに通っている時が一番生き生きし楽しそうか

お子さんの持ち味を生かせそうか。

 

おしゃべりができるお子さんであれば

ご本人の意見をぜひ尊重してあげて下さいね。

 

楽しく通園ができることが一番の良い刺激、

メキメキと人間性を育てることができる発達への近道となります。

 

以上、転園を検討?「現在の園生活に不安がある」最適通園パターンの決め方3選 でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク