【発達障害と多弁】 子供の奇声や大声を改善!効果抜群の神対応テク5つ

お子さんの大声や奇声にイライラする、
精神的にヘトヘトになっているということはありませんか?

 

・家の中で 1日中奇声をあげているのでしんどい

・スーパーなどで叫びまくるので、やっぱり人目が気になる

・耳元で急に大声を上げるので、キレそうになる、耳も痛い

・とにかく人前で一方的にしゃべりまくる

こんにちは、自閉症児の母ライター、ソウカイです。

いくら可愛い我が子のものでも大音量の奇声や独り言が毎日毎日ずーーーーーっと聞こえ続けているというのはかなりのストレスを感じてしまいますよね。

また、「多弁」と言われる「しゃべりまくる」行動も、この先お友達とうまくやっていけるかな、変な子としていじめられないかなと、心配になります。

発達障害っ子が園で仲間はずれに!4つの対策でイジメを撃退するコツ

2017.07.30

そこで今回は、お子さんのちょっと困った特性、「多弁」や「奇声」、そして「大声」についてお困りをうまくゆるめながら乗り切っていく5つの方法をお伝えします。

大原則は「時期を待つ」姿勢を取る

多弁症状などの一番の解消方法は遠回りなようですが「焦らず騒がず、時期を待つ」ことが大原則です。

多弁や奇声の特性を持つお子さんは、「喋る」「声を出す」ことで、無意識に不安を解消させようとしているのです。

声を出すという刺激が自分にとって心地よいので、喋っているうちにどんどん興奮し、テンションが上がってくる場合もあります。

ここで、無理にこの奇声や多弁を抑えてしまうと、お子さんは不安解消の方法を無くしてしまうことになるので、違う形の困った特性(癇癪・他害など)が現れてくることもあります。

親が気にして「治そう治そう」とすればするほどそのプレッシャーでかえってエスカレートしてしまうことも多いです。

基本姿勢は「待つこと」、これを大前提にしながら、続きのお話をさせていただきますね。

多弁等を乗り切るための具体的対策5つ

では、解消されていくまでに具体的にできることについてまとめてお話します。

子供が落ち着ける生活環境をつくる

お子さんの情緒が安定し、ストレス解消である多弁行動などが減っていくようにおうちを整えてあげましょう。

具体的には

遊ぶおもちゃの数を厳選して(全部で5つくらい)子供の混乱を減らす

テレビのつけっぱなしは避けて、刺激を減らす(無理しすぎなくてOK)

・偏食もうけとめて、無理にいろいろなものを食べさせようとするのをやめる

身辺自立をあせらない

・子供が好きな遊びをたくさんさせてあげる

・子供のお気に入り(色、形)にこだわることを尊重する

などです。

特に、おうち全体で「物を減らす」ということは、視覚優位のお子さんたちにとって「かなりのストレス減」になりますよ。

ぜひ試しみてくださいね。

「親子で片付けられない」発達障害っ子のやる気をグングン伸ばす5つの整頓方法

2017.08.03

耳栓を活用する

子供の奇声や延々続く独り言がつらく家事に集中できないというときなどは、耳栓を活用しましょう。

音がつらいというママのメンタルを保つのに耳栓の使用はものすごく重要です。

イライラしたままいろいろなことに手を付けていると時間はかかるし、思わぬ事故につながってしまうこともありえます。

耳栓をしても、完全に音が聞こえなくなるわけではなくある程度はちゃんと聞こえるので意外と大丈夫ですよ。

一時的なしんどさを乗り切るアイテムとしてぜひ使ってみてくださいね。

子供と離れる時間を確保する

多弁などの特性があるお子さんとは定期的に離れられる時間を確保することもママの重要な仕事です。

先にお伝えした通り、多弁や奇声の症状とはある程度ながい期間のお付き合いになってきます。

あなたが思われている以上に周囲(特にママ)への負担は大きく精神的に参ってしまってからでは立て直すのがものすごく大変です。

一時保育、ファミリーサポート、児童デイなどをどんどん利用して「大人が静かに過ごせる時間」というのも確保してください。

安らぐ時間を持つことができれば元気いっぱい大声のお子さんと余裕を持って接することができますよ。

いろいろな手をガンガン借りながら子育てを続けていってくださいね。

★芯から生まれ変われるママのリフレッシュ方法11選はこちら

専門機関を受診する

多弁などの気になる特性について具体的に小児科や専門医に相談してみましょう。

特に多弁に対しては健診などでも「言葉が出ているから特に問題ない」としてスルーされてしまうことも多いんです。

具体的にこういう症状で困っている、と相談すれば、対策や解決口も見つかりやすいです。

積極的に、頼れる専門機関を増やしていってくださいね。

声の大きさ表を作って活用する

ある程度会話が成立する年頃のお子さんでしたら声の大きさ表」を利用してみましょう。

声の大きさ表とは「五段階くらいで声の大きさを図に表している表」のことです。

療育施設や児童デイなどでは、ほとんどのところでこの「声の大きさ表」が取り入れられています。

例)・お子さんが大きな声を出しすぎているとき

「○○くんの今の声は、このあたりかな?(4か5とか)今はおうちにママと2人だけだから2で大丈夫だよ、ママ聞こえてるよ」

例)・外出するとき 「電車に乗るから1の声だよ」

小さなものも一緒に作れば、外出時にも持ち歩けて便利ですよ。

お子さんがもつ視覚優位な特性を利用して、「小さな声で話す」練習をさせてあげてくださいね。

まとめ

さて、いかがでしたか?

お子さんの多弁、奇声、大声などが落ち着いてくるのをゆったり待つために周囲が工夫できる5つのコツは

●子供が落ち着ける生活環境をつくる

●耳栓を活用する

●子供と離れる時間を確保する

●専門機関を受診する

●声の大きさ表を作って活用する

というお話でした。

 

発達障害のお子さんたちは「うるさい」と注意されても、とっさに「自分が何をすればいいのかわからない」ことも多いです。

その場では理解できても、「すぐ忘れてしまいがち」という特性もあります。

なかなかしんどく思ってしまうことも多いですがゆっくり少しずつ、必ず解消してくるので多弁や奇声を直接注意するのではなく、
なるべくゆったりと、構えてあげてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「発達障害と吃音」子供の自己肯定感を育てるシンプルな3つの方法

2017.07.24

【発達障害を改善】2カ月で著効した幼児向け食事栄養療法3選

2018.02.01
スポンサーリンク