【子供が発達障害かも?】即座に不安を解消させる究極の相談相手5人

うちの子発達障害?未診断児向け

うちの子、もしかしたら発達障害があるのかなと不安になられていませんか?

・同じ行動を繰り返していることが不自然で気になる

親戚から「発達障害があるのでは?」と言われ強く不安を感じている

・児童館の親子活動に参加しても周りの子たちと様子が違うように思える

・癇癪が多い、言葉が遅いなど気になる具体的な症状がある

気になる特性について思わずネット検索し、一喜一憂してしまうことってありますよね。

まして初めての子育てなら他の例と比較もできません。

きょうだいがいる場合でもお子さん一人ひとりに個性があるので、なかなかわかりづらいですよね。

どこにも相談できないと、ずっとモヤモヤして疲れてしまいます。

お子さんの特性をがフォローをしてあげられたら、ママの育児も今よりもっと楽に、楽しくなりますよね。

そこで今回は、

お子さんの発達が気になるときにまず初めに相談したい心強い専門家5人」をご紹介します!

児童館や支援センターの相談員

発達支援センターなどにいきなり相談するのはハードルが高すぎる。

そんなあなたには、児童館や支援センターの職員さんが相談相手におすすめです。

ちょっと発達が気になる旨や具体的な症状を伝えてみましょう。

管理人

職員さんたちは、毎日たくさんの子供を見てきているプロ。

なので、様々な症例や経過を見てきている人が多いんです。

地元情報に詳しいので、今後はどういう流れでどこに相談したらいいかという具体的なアドバイスも貰いやすいです。

ぜひ、気軽に足を運んでみてくださいね。

地域で活動されている助産師さん

大病院で勤務経験後、個人で助産院を開業されている助産師さんたちの目は意外とアテになります。

  • 見てきている赤ちゃんの数がすごい
  • 地域でずっと活動しているので経過を把握している
  • 違和感に敏感

もともと「お世話好きであたたかい」方も多いので親身に相談に乗ってくれます。

管理人

わたしも、1歳ごろに子供の発達の遅れがわかり、各地へ相談に行きました。

その頃の経緯は▼【発達障害いつわかる?】1歳3か月の診断までに母を襲った赤ちゃん期3つの違和感まとめています。

ほとんどのアドバイスは「だいじょうぶでしょう。様子を見ましょう」という無難なもの。

ところが、助産師さんだけは「けど、小児科の先生がそう言うなら、やっぱり何かあるかもね」とシビアな回答をくれました。

そのアドバイスがあったからこそ、勢いづいて次の行動へ移れた感じがあります。

地元の助産師さん、ぜひチェックされてみてくださいね。

区役所や市役所など担当の地域の保健師さん

管轄地域の保健師さんもまた、欠かせない大切な相談相手です。

今後、発達検査を受けることになれば、役所の担当保健師さんは必ず話を通すことになります。

相談記録も残るので、今後何かと気にかけてもらいやすくもなります。

定期検診の際にも配慮をお願いすることもできますよ。

さらに、臨床心理士さんとの専門相談等につなげてもらえることもあります。

早めに接触しておくのが、後々のためにも良いです。

また、かなりの確率で「発達がゆっくりの子どもたち向け親子遊びプログラム」を紹介してくれます。

  • 他のお子さんたちの様子との違い
  • 我が子が集団でどのような動きを見せてくれるか
  • 回を重ねるごとに、場に対応してくる力が育ってくるのか

などお子さんの特性もより見えてきます

参加できそうなら、ぜひ一度相談してみてくださいね。

小児科の先生

かかりつけの小児科の先生にも、ぜひ相談をしてみましょう。

風邪や、予防接種などで受診したときでもOKです。

なんといっても、日々たくさんの子供たちを診察されているプロ。

さらに、区役所の検診で実際に子どもたちの発達検査を担当された経験もあるでしょう。

気になる点に関して的確なアドバイスを得られます。

管理人

病院によってはひっそりと発達外来を設けているところもあります。 

定期的に発達相談を受けさせてもらえると心強いですね。

のちに療育センターで詳しい検査を受けたくなったときにも「どこかの医師に紹介状を書いてもらう」必要があります。

前々から発達のことを相談していたお医者さんにでしたら、お願いしやすいですよね。

比較的待ち人数が少ない時に、ぜひ医師への相談を検討してみてくださいね。

まとめ

さて、いかがでしたか?

お子さんが持つ特性を理解し、「お困り」を解消してくれる強力な相談相手は

  • たくさんの子どもを見てきている
    支援センターの相談員さん
  • 児童館の職員さん
  • 地域の助産師さん
  • 区役所や市役所など担当の地域の保健師さん
  • 発達外来での相談につながるかもしれない
    小児科医さん

でした。

話をしてみて、「やっぱり気のせいみたい」と安心できるといいですね。

それにもし、特性が明らかになっても「早くから見つけてあげられるほうが絶対得」なんです。

早いうちから「ママには自分をわかってもらえる」という安心感が育ちます。

今よりも、「わかる」ことが増えると、確実にあなたのモヤモヤは小さくなり、前へ進んでいけますよ!

ぜひ、最初の一歩を踏み出してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※注意※

言葉が遅い、癇癪、落ち着きがない、全般的に発達が遅い・・・

実は、幼児期の「鉄不足」がお子さんの「育てにくさ」を引き起こします。

甘みと酸味が美味しいお菓子感覚のサプリで、鉄不足を解消してあげませんか?

https://iherb.co/2pvkP7a7

▼子供の発達障害を認めてくれないパパが、一番の心強い味方に変身する:「【父親の理解がない】子供の障害受容を劇的に進める今すぐやるべき3つの戦略」

B!