【発達障害っ子と集団生活】苦手な理由が今すぐわかる「つまづく5つの特徴」

園生活や進路選択

発達障害の子は「集団生活」で、具体的にどのような場面でつまずくのでしょうか?

・グレーゾーンのうちの子は「幼稚園に行ったら何が困る」?

子どもに発達障害があると知ったばかりで、どんなフォローをしてあげればいいのかわからない

・今まであまり同世代の友達が沢山いるところで遊ばせたことがないから、想像しづらい

いずれ必ず迎える「集団生活」。

発達障害を抱えるわが子がどういったことにつまずきやすいのか、フォロー策はどうしたらいいのかと、とても気になりますよね。

そもそもなぜ、「発達障害の子たちは集団生活が苦手」と言われているのでしょうか?

集団生活では周りの状況を察しながら

  • 「自分から動くという主体性」や、
  • 「わからないときは人に聞くというような自主性」が

求められます。

ところが、発達障害の子供たちは、

  • 「周囲が何をしているのかということに、まず興味が湧きづらく」
  • 自分で考えて「どう動けばいいかということを察する」ことも得意ではない

子が多いからなのです。

さらに、専門の療育機関と違い幼稚園保育園では、「発達障害の子供たちがわかりやすいような指示の仕方・提示のされ方」が、あまり取り入れてられていません。

一つ一つの指示が、お子さんたちにとってはちょっとわかりにくいんです。

やみくもにお子さんを「とりあえず集団に放り込めば、伸びるに違いない」と、集団に放り込んでしまうと、さまざまなトラブルに親子で疲れて果ててしまいます

しかし、

事前にある程度知識があり、起こりそうな問題について知っていると、どうでしょう。

いざという時にトラブルをすり抜けるための予防策を色々用意しておけますね。

そこで今回は、「発達障害のお子さんが集団生活が苦手である」と言われる理由を5つ紹介します。

お友だちとうまく関係を結びにくい

発達障害の子供たちには「お友達との関係が結びにくい」という面があります。

なぜなら、そもそも「言葉の遅れが目立つ」子供たちがやはり多いからです。

コミニケーションに使える言葉数がどうしても少なくなりがちです。

よって、周囲のお友達から「どういったことを考えているのか、望んでいるのか」などが見えづらくなってしまいます。

また、言葉は出ていても

  • うまく会話がかみ合わなかったり
  • 表現したいことを周りのお友達にうまく伝えられなかったり

して、「孤立してしまいがち」という問題が起こりやすいです。

ママ
「一対一なら何とかお話ができるけれど、集団になると途端に会話内容についていけなくなる」というお子さんもいます。

さらに、

年の近い子供たちに、まだあまり興味を持てないこともあります。

みんなで統一した遊びをする時間でも「自分の世界に入ってしまいやすい」特性が、さらに距離を作ってしまいます。

活動の切り替えがしづらい

発達障害の傾向を持つ子供たちは活動の切り替えがしづらいです。

なぜかというと、

  • 「とにかく自分のやりたいことをやりたい」
  • 「やりたいことしかしたくない」

と言う特性が強い子が多いからです。

それで、幼稚園のように「全体で次々と様々な活動に取り組んでいくような場面」にはどうしても一人残ってしまうことが多いです。

例えば、

「粘土遊びの時間」が終わり→「お給食の準備」に入ります

という段階でも、「まだ粘土遊びをやりたい」という気持ちがなかなか冷めないのです。

すると、みんなが給食の用意を始めているのに、まだ粘土から離れられない、ということが起こります。

さらに、

「いろいろなことに注意を奪われやすい」という特性もあります。

このせいで、担任の先生が全体に指示を出している時にも、そのことに気がつきづらいのです。

自分が興味を向けている所にジッと集中してしまっています。

そうなると、いざ行動する時間に「次に何をしていいのかさっぱりわからない」ということが起こってしまいます。

注意されることの理由がわからず、自信を無くしてしまう

発達障害の子供たちは「注意されたことの理由がわからない」ことがよくあります。

これは、「注意をされたということに驚き、何がいけなかったのかということが抜け落ちる」からです。

例えば、

「危ないから机の上に登っちゃダメ!」と先生から言われても「ダメ!」のところばかりが強く頭に残ってしまいます。

そして、「自分が否定された、自分はダメだと言われた」とショックを受けてしまうのです。

1日のうちに何度もこういうことが起こってしまうと、ひたすら先生に「自己否定を繰り返されている」ように受け取ってしまいます。

なので、

すっかり自信をなくしてしまい、その集団に入ることがどんどん怖くなってしまいます。

それでも無理をして集団に加えていると、ある日爆発し、

  • 「抑うつ状態」になる
  • 「イライラや情緒不安定さがひどくなる」
  • 「お友達に対して手が出る」などの

困った行動が出てきてしまうようになります。

求められる活動を、こなすことがむずかしい

発達障害の子供達には、「そもそも園生活で求められる活動を実行することがむずかしい」という場合があります。

例えば、

  • 椅子にじっと座っていられない
  • 決められたお部屋の中でずっと過ごせず、部屋の外へ出てしまう
  • ざわざわとした雰囲気や沢山人がいるということが怖い
  • 感覚過敏があり、砂場遊びや粘土遊びがどうしてもできない など。

他の子供には、なんでもないことが「ものすごく負担」で、大きな不安を抱えてしまうことも多いです。

基本的な動作がゆっくりで、活動に遅れがちになる

幼稚園などの集団生活では、「簡単な日常生活の動作を自分ですること(身辺自立)」が求められます。

  • お着替えやトイレ
  • 配膳の用意
  • 持ち物の出し入れ
  • お食事の時に食器を使って自分で食べる

などの基本的な動作に、時間がかかったり補助が必要だったりすることがあります。

するとどうしても、活動が切り替わるたびに遅れてしまいます。

お遊戯などの全体の流れについて行けず、集団で何かをするということが難しくなってきます。

はつ子
自分でできることも「やらない」こだわりが強い子もいます。「やれるのにやらない発達障害っ子の「自分でできる!」を増やす3つの技」

まとめ

さて、いかがでしたか?

発達障害の傾向があるお子さんたちが集団行動が難しいといわれる理由は、

  1. お友だちとうまく関係を結びにくい
  2. 活動の切り替えがしづらい
  3. 注意されることの理由がわからず、自信を無くしてしまう
  4. 求められる活動を、こなすことがむずかしい
  5. 基本的な動作がゆっくりで、活動に遅れがちになる

という5つでした。

集団生活にうまくなじんでいく究極のコツは「先生へのフォロー」

集団生活は大変なことですが、「属してみることで、そこから得られる」ものもまた、たくさんあります。

そして、園の担当の先生たちに対して「できるだけ楽にお世話してもらえるように積極的にフォローしよう」という姿勢や配慮を持たれてください。

  • お子さんの取説をまとめて提出する
  • なるべく多く顔を合わせて、先生と話す
  • 園行事に積極的に参加して、手伝えることはどんどん手伝う

こういったことが、結果的にお子さんにすごくプラスになります。

少々理不尽に感じることがあっても、

「それは本当だろうか?

本当ならばどういう事情があって?

先生たちは何に困っておられるのか?」

と、先生の立場にも立って考えてみるクセがつくと、良好な関係を築きやすくなりますよ。

いきなり幼稚園という大集団に加わるよりも、療育園や一時預かりの小規模保育園を利用されることもすごくおススメです。

それでは、お子さんが集団生活デビューされ、ニコニコと毎日を過ごされるようになりますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※注意※

言葉が遅い、癇癪、落ち着きがない、全般的に発達が遅い・・・

実は、幼児期の「鉄不足」がお子さんの「育てにくさ」を引き起こします。

甘みと酸味が美味しいお菓子感覚のサプリで、鉄不足を解消してあげませんか?

https://iherb.co/2pvkP7a7

詳しくはこちら「【発達障害を改善】2カ月で著効した幼児向け食事栄養療法3選」の記事へ。

B!