【障害児おでかけ情報・香川】水遊びと飛行機観覧を楽しもう「さぬき空港公園」

障害児全国おでかけ情報

配慮が必要な障害児たちも、レジャー施設で思い切り遊ばせてあげたい。

そんなお母さまに見ていただくために連載している「はつさぽ 障害児おでかけ情報シリーズ」です。

今回おすすめするのは香川県にある「さぬき空港公園」です。

普段、遊びに行っているはずの場所でさえ、ハンディのあるお子さんのママはたくさん気を使われていますよね。

お子さん自身も我慢をしたりしてますよね。

こちらは本当に気兼ねせずゆっくり好きなペースで遊べるので、お母さんお父さんもリフレッシュしてほしいです。

では、どうぞ!

香川県さぬき空港公園のおすすめポイント

無料なので、いつまでも自分のペースで遊ぶことができます。

自閉症児は何時間でも自分が気に入った作業に没頭してしまい、遮ると怒ったり抵抗して親はへとへと。

お金を払うレジャー施設だと、順番待ちをしている子に気を使って親はかなりの労力を使い、引き離しをしなければなりません。

何より、ずっとたっぷり楽しみたい我が子の気持ちを考えるとつらいですね。

水が沸きだして、ゼリーのようにみえる場所があり、お気に入りです。

触っても水圧が弱いので安心です。

気持ちがよいのか、ずっと触って、楽しんでいます。

川のながれのような場所もお気に入りで、上流から下流を行ったり来たり何度も歩き回り、足にかかる水の感触を楽しんでます。

レジャープールのような音楽もうるさくかかってないのでひとつの事に没頭して楽しんでます。

療育手帳持参のサービス

たいていの公的施設は無料になりましたし、公的施設以外でも半額になる、付き添いの大人も1人無料になったりと、大助かりです。

あえていうならココが惜しい

公園内に売店はありません。

長く居るなら食べ物や飲み物、レジャーシートが必要です。

トイレも少し離れたところにあるので、親がついていかなければなりません。

そして、何より、水不足の年には、節水のため、管理者が水を止めてしまうことがあります。

遊ぶ気まんまんで、着いたら水が止まっていたとき、気持ちが切り替えられず子どもがつらそうでした。

香川県さぬき空港公園の施設内設備情報

いい感じに大きな木が点在しており、レジャーシートで素敵なピクニックになります。

早めに行くと、大きめの屋根のしたベンチもキープ出来ますし、簡易テントを持ち込んでる人もいます。

残念ながら、施設内にはありませんが、車で5分のところに、公的施設のこどものくに、が隣接されていますので、移動して食事に行くのも簡単です。

こどものくには、飛行機の発着をながめながら、食事を楽しむことができます。

お土産は買うことができません。

しかし、空港に隣接されていますので、飛行機を見に行ったり、空港でお土産を買いに行ったりは、車で5分です。

同じく公的施設こどものくに、にも隣接されていますので、そちらでも子ども向けのお土産を買えます。

駐車場とトイレ情報

駐車スペースは何ヵ所かに別れています。

水遊びがしたい場合は水場に隣接されている駐車スペースがありますし、そのほかグラススキーの施設や、野球グラウンドにも、それぞれ隣接されています。

どれも無料で利用できます。

トイレは水洗で、最新のオシャレなものではありませんが、普通に使えます。

オムツはよく覚えていませんが、レジャーシートを広げているファミリーは、トイレまでつれていかず、レジャーシートの上で替えています。

暑い土日で、プールがぎゅうぎゅう詰めの日は、やはり混んではいますが、ぎゅうぎゅうという経験はありません。

隣接駐車場がいっぱいで止められないときも、次に近い駐車場にとめられます。

まとめ

日の長い、6月7月は、夕方からでも楽しめます。

皆がそろそろ帰ろうかという4時過ぎころに入れ替わりで遊ばすと、ゆっくり遊べます。

飛行機が定期的に飛んでくるので、飛行機が好きな子どもは喜びます。

着陸寸前なので、かなり大きな機影を楽しめます。

マンネリになりがちな水遊びに、いいスパイスになってますよ。

以上、香川県「さぬき空港公園」の紹介レポでした。

B!