【自宅散髪&美容院】発達障害っ子のヘアカットが劇的にラクになる3つの方法

お困り症状の改善案

発達障害のお子さんの「散髪がものすごく大変すぎで」困られていませんか?

・とにかく嫌がって暴れるので、とてもじゃないけれど危なくて、自宅ではカットができず困っている

・テレビを見ている時をねらったり、「かっこいい」とおだてつくしたりしたけれども、全然効果なしで切らせてくれない

・一度、美容院に挑戦したが、号泣し暴れまわって散髪どころではなかった

子供って髪が伸びるのがとても速いですよね。

ビジュアル的にも衛生面でも子供の髪の毛を何とか整えてあげたいというお悩み、うちも常にありました。

全然良い方法が見つからず、ながらく「のびっぱなしボサボサ頭」。

もちろんいつかは美容院へ行けるようになりますが、それまでまったく髪を切らないわけにもいきませんよね。

伸ばしっぱなしの長い髪は

  • 頭皮のかゆみやフケのもとになる
  • ドライヤーも拒否されると、うまく乾かしきれず風邪をひかせてしまう

など、デメリットもたくさんあります。

しかし、

「先輩療育ママ」たちに「散髪をどうしているか」と聞きまくったところ、「簡単に髪を整えられる意外な方法やコツ」をたくさん知ることができたんです。

そこで今回は、これでもう失敗しない!「発達障害のお子さんの散髪」をらくらく乗り切る方法を3つ紹介します。

自宅技①まったく切らせてくれない子は「寝ているとき」にカットする

お子さんが「とにかく嫌がって、なんとしても全く髪を切らせてくれそうにない」頃は、寝ている時に髪を切ってしまいましょう。

寝ている時だと暴れられることがないし、ある程度時間をかけることができるので、実はとても切りやすいのです。

かんたん!切った髪が散りにくいヘアカット方法

用意するもの:「髪を切るハサミ」と「ビニール袋」

  1. 寝ているお子さんの枕もとへ行く
  2. お子さんの毛束を左指で少々つまみ、右手のハサミで切る
  3. そのまますぐに切った髪の毛をビニール袋に捨てる
  4. 以上の作業をちょこちょこと繰り返す

このやり方で切れば、室内でも、切った髪が床に散らばりにくいです。

管理人
一日で全部完成させようとせずに、3~4回に分けて切るつもりで挑戦すると、ダンゼン綺麗に仕上がりますよ!

カット中のジグザグ頭を、世間にお披露目してしまうことに抵抗がある場合は、「週末や連休などを狙って」カットしてみてくださいね。

自宅技②ある程度切らせてくれる子はベランダかお風呂場がgood

お子さんが説得に応じてくれ、少しの時間なら髪を切らせてくれそうな場合は「ベランダかお風呂場で」カットされることをおすすめします。

ベランダで髪を切るメリットは、

  • お子さんが飽きてきたときに「そのまましばらく動き回ってまた再開する」ということがしやすい

またお風呂場で髪を切るメリットは、

  • そのまますぐに洗い流せる、切った髪が部屋などに散りにくい

ことです。

なお、ベランダでカットされる場合は、風が強い日は「他の家に細かな髪が散ってしまう可能性がある」ので気をつけてくださいね。

ごきげん&さらにラクになる?!カット中のワザ

カット中に、あなたがなるべくラクにはさみをさわれるようにするためのワザです。

  • お気に入りのおもちゃを手に持たせておく
  • スマホやDVDプレーヤーなどの動画で気を引きながら切る
  • 1回や3回など一定回数はさみをいれるごとに「ごほうび」を進呈する

上記「ごほうび」は、小さなお菓子、どんぐり、シールなど、お子さんが普段好きなものならなんでもOKです。

なるべくゲームのような楽しい雰囲気にして、子どもが飽きてこないうちにササッと終わらせるのがポイントです。

ぜひ、試してみてくださいね。

美容院技①「当たり美容院」を選んで通う

お子さんがお店でのヘアカットにチャレンジする場合、「美容院選びはものすごく大切」です。

まずはお店選びのポイントを3つ紹介します。

融通がききやすい「個人経営のお店」を選ぶ

個人で経営されている小さなお店であれば「貸し切り」「完全予約」「ママが子供を抱いたままのカット」「嫌がったらすぐ中断」など融通がききやすく、細かな事情にも対応してくれやすいです。

通常のカットよりも、多めに時間をいただいて予約させてもらえるよう相談してみましょう。

「親の行きつけのお店」で、予行を踏まえて当日切る

親の行きつけの美容院を利用するのもおすすめです。

ここでのポイントは、事前に「パパやママがカットしているところを見せておく」ことです。

まず「場慣れする」ことと、「何をするところなのかということを漠然とでも知ってもらう」ためです。

本人のカットは後日にしてもかまいませんし、いけそうだったらパパママと同じ日にカットに挑戦してみましょう。

「DVD が見られるお店」を選ぶ

やはり、カット中に好きなDVD映像を観られるということは、お子さんの気を引く最強の方法です。

ぜひ取り入れたいところです。

DVDが無い場合は、親がタブレットや軽量ノートPCを持ち込むのもひとつの手ですよ。

美容院技②さらに成功率を上げるこんな裏技テク3つ

美容院選びができたら、こんなやり方も参考にして、さらに成功率をあげていきましょう。

美容師さんが希望する時間帯に合わせる

お店の方に事前相談し、「なるべくお客さんが少ない時間に」予約して、ゆっくり時間を取らせてもらいましょう。

子どもが騒いだり、予想以上に時間がかかると、周りのお客さんたちからブーイングが来てしまうことも。

冷ややかな目の中にいるのは、ママもしんどいですよね。

時間帯によっては個室を提供してくれる美容院もありますよ。

お子さんの昼寝の時間をねらう

お子さんが昼寝する時間を狙い、「美容院で眠りだしたら、親が抱っこしたまま切ってもらう」という方法もあります。

お昼寝が深いタイプのお子さんであれば、案外すんなり切れてしまうこともあるので、ぜひお試しください。

1回の挑戦であきらめない

美容院や理髪店でカットしてもらう場合は「初回は全然ダメでも何度か足を運ぶ」前提で、諦めずに経験を積んでみてください。

初めはスムーズに行かなくても、就学前くらいからは落ち着いてカットしてもらうことができるようになる場合が多いですよ。

まとめ

さて、いかがでしたか?

発達障害っ子のヘアカットが劇的にラクになる方法は

  • まったく切らせてくれない子は「寝ているとき」にカットすること
  • 色々な小技を駆使しながら「ベランダかお風呂場」で切ること
  • 3つの技を参考に「当たり美容院」を選んで通うこと
  • 事前相談、お昼寝時間も配慮して、数回かかるつもりでのぞむこと

以上4つのことですよ、というおはなしでした。

やっぱり、子供の髪は短い方がシャンプーもしやすく便利ですよね。

いつの日か訪れる「親子で優雅に美容院」タイムを夢見ながら、がんばっていきましょう!

ママができるだけラクにお子さんの髪を調整することの参考になれば、うれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※注意※

言葉が遅い、癇癪、落ち着きがない、全般的に発達が遅い・・・

実は、幼児期の「鉄不足」がお子さんの「育てにくさ」を引き起こします。

甘みと酸味が美味しいお菓子感覚のサプリで、鉄不足を解消してあげませんか?

https://iherb.co/2pvkP7a7

詳しくはこちら「【発達障害を改善】2カ月で著効した幼児向け食事栄養療法3選」の記事へ。

B!