【障害児おでかけ情報・岡山】レトロかわいいおもちゃ王国で親子大興奮の1日

障害児全国おでかけ情報

配慮が必要な障害児たちも、レジャー施設で思い切り遊ばせてあげたい。

そんなお母さまに見ていただくために連載している「はつさぽ 障害児おでかけ情報シリーズ」です。

今回おすすめするのは岡山県にある「おもちゃ王国」です。

小さい子向けの遊園地で、毎回満足して遊べます。

回りも小さい子ばかりなので、ちょっとくらい騒いでもそんなに気になりません。

さっそく紹介していきますよ~。

岡山県おもちゃ王国のおすすめポイント

なんと言っても、いつ行ってもそんなに混んでないところが一番いいです

下に兄弟がいても、十分余裕をもって回れるほどよい、大きさの園内です。

屋内遊具では、おもちゃがいっぱいで子供は夢中で遊びます。

大人は涼んで見守れます。

帰りにおもちゃ販売コーナーを通らないといけないことだけが最大の難関ポイントでしょう。

おもちゃ王国のキャラクターに手紙を書ける場所(部屋)があって、書いたあとに園内のポストに投函して帰ると、数日後、自宅にキャラクターからお返事が来ます。

園内にいろいろな屋内部屋があるので、キャラクターに気をとられると、レターセットに気がつかないかもしれません。

ほかの屋内部屋には、レターセットが常設されておらず、キャラクターのお部屋のみに設置されています。

療育手帳持参のサービス

乗り物が、対象の子供と付き添いの大人一人も無料になります。

あえていうならココが惜しい

全体的に施設そのものに歴史を感じます…。

パッとしたいわゆる『今っぽい』雰囲気ではなく、昔からそこにあり、こどもたちを楽しませてきた歴史ある遊園地なんだろうなと感じます。

しかし、

清掃などは行き届いていますので、不潔さなどは感じません。

あとは、お客さんがいなさすぎて、貸し切り状態のときがあり、優越感ではなく、何とも言えない物悲しさを感じた時があります。

岡山県おもちゃ王国の施設内設備情報

イベントステージに向かって100席弱ほどのフリースペースがあります。

どの時期でも、またどの時間帯でも座ることができました。

フードコーナーで販売されているのは、うどん、スナックなどの軽食です。

夢の国価格ではなく、一般的な良心価格です。

味は、特段すごくおいしいということはありません。

普通の味です。

味や見た目なら、デパートのフードコーナーのスナックのほうが上かもしれません。

おもちゃ販売コーナーで園内で遊んだおもちゃと同じもの、あるいは同じような種類のものを販売してあります。

購入したことはありません。

このおもちゃコーナーがわりと大きく、子供は遊んだあとなので大興奮で欲しがりました。

ゲームセンターも同じフロアにあるので、少しして帰りました。

駐車場とトイレ情報

隣接無料駐車場があります。

ものすごく広いです。

バスも留まる白線もひいてありました。

満車になるのを、見たことはないので、平日休日祝日いつ行っても停められないかもという心配はないと思います。

ただ、夏のプールの時期は若干混みます。

トイレに関しては小さい子を対象とした遊園地なので、使いやすいおむつスペースもありました。

清掃などはきれいにしてありました。

園内がさほど大きくないので、どの場所からでもトイレが確認できたと思います。

特にいつ行ってもそんなに混んでいません。

夏のプールの時期は、普段の土日より混んでいました。

対象が小さな子なので、小学生中学年くらいになると物足りなさを感じるかもしれないなと思います。

まとめ

帰り道に温泉があります。

本当に山の中にある遊園地なので、道も一本のみです。

帰りに、温泉に入って帰ったり、ゆかやま神社にお参りして帰ったりします。

旅館があります。

ここで温泉に入れるのですが、おもちゃ王国で遊んだあと、宿泊して帰るという人もおられるようです。

静かで、周辺の山々の緑に癒されますよ。

以上、岡山県おもちゃ王国のおすすめレポートでした。

お近くの方はぜひ、足を運んでみてくださいね。