【障害児おでかけ情報・鳥取】大山の圧倒的な解放感!「森の国」を楽しみつくすコツ全まとめ

障害児全国おでかけ情報

中国地方で「障害のある子供も一緒に楽しめるレジャー施設」が知りたい!

・思いっきり好きなように走り回り飛び回り、自由に体を動かさせてあげたい

・全身を使って楽しめる、大きな遊具でのびのび遊ばせてあげたい

でも「うちの子障害があるから・・・」と色々配慮が必要なことが多く、レジャー施設へのお出かけをためらわれていませんか?

今回、情報提供くださった「10歳の女の子のママ」

「いろんな子供の声や大人の大きな声が響く環境は、自閉症の我が子は身動きできなくなるのではと心配でした。」

とのこと。

しかし、

「待ち時間や人口密度をまったく気にせずに済む、親子で心から解放感でいっぱいになれますよ。」

というおすすめの遊び場を教えてもらいましたよ。

「本当は教えたくないマル得情報も」盛りだくさんです。

それではさっそく

「障害児とお出かけ情報・鳥取大山の圧倒的な解放感!「森の国」を楽しみつくすコツ全まとめ」を紹介します。

森の国広報ご担当者さまから許可をいただき、施設内写真を公式ホームページからお借りしています。

「森の国」は西日本最大規模の大型アスレチック施設

森の国 大山フィールドアスレチック

所在地:鳥取県西伯郡大山町赤松634(大山観光道路沿い 県道24号線沿い)

紹介者ママ
「今回はわたしが紹介しますね。」

「森の国」は西日本最大規模のアスレチックがある広大な自然体験施設です。

自然の山を活かし、なんと「45種のアスレチック」が展開されています。

アスレチックだけではなく季節によって「たくさんの体験プログラム」が実施されています。

キャンプ場やゴルフ場もあります。

外遊びが大好きな子、じっとしていることができない子には最高の場所です。

我が子にはもってこいの場所でした。

行くまでは、アスレチックの待ち時間、人口密度が気になっていましたが、まったく心配無用でした。

本当に自然豊かな場所で、親子ともに今までにないぐらいの解放感を味わえます。

大声を出しても平気だし、いくら走り回っても、他人に迷惑のかかることがないステキな場所です。

「障害者手帳」を見せると「本人の入園料が割引」になる

手帳を持っているお子さん本人が3歳以上の場合は一律300円になります。

(※本来は700円)

付き添い介助者の割引はないです。

広くてのびのびできる「他人の目が気にならない」ことに大満足

「森の国」の1番うれしいところは、「他人の目を気にせず、子供が自由に走り回れる場所」であることです。

うちは公共の乗り物に乗るのがむずかしいので、移動は主に自家用車です。

車だと、もれなく「駐車できるか」という問題もついてまわりますが、

森の国は「駐車場も500台は無料」なので、車でも行きやすく助かります。

「ご飯も持ち込み自由」なので、人目を気にせず、好きな時にシートを敷いて食べられます。

なんなら走りながらご飯を食べていたとしても、不審ではないのでおすすめです。

さぽ太くん
「疲れたらシート敷いて昼寝もええなぁ。」

そして、「森の国」のアスレチックは「初級」と「達人」のコースに分かれています。

そこも、我が子にとっては「一つ一つ、自分のペースでクリアーしていけることが良かった」みたいです。

後ろで待っている他のお子さんも少ないので、親としても焦ることないです。

子供を急かすことなく、それぞれのペースで一つづつ遊べるのが、親子で大満足できるところです。

ちなみに、我が子は初級コースの遊具が一番お気に入りです。

トイレの数が2か所だけなので、入場ゲートで済ませておこう

トイレが「入場ゲート」と「広場」に1か所ずつしかありません。

事前に地図で場所を確認された方が良いです。

一度、アスレチックの山に入ってしまうと付近にトイレが無いです。

山の中で遊んでいる途中で「トイレ!」と言われても、すぐに駆け込むことができないのが、唯一の少し残念なところです。

トイレに行きたいかどうかが自分で、わかるお子様であれば、きちんと入場ゲートで済まさせてあげるほうが良いです。

絶対おさえておきたい「森の国」の設備情報5つ

お食事は?おみやげは?トイレは?さらに詳しくナマの声を紹介していきます。

「お弁当」もBBQ食材も持ち込みOK

お弁当、飲み物も、持ち込み可能です。

レストランもありますが、木陰にレジャーシートを敷き、家族でお弁当を囲むのが本当においしくて幸せなひとときです。

「フードコート」では「大山ソフトクリーム」が人気

フードコートは店内が少し、暗い感じがします。

メニュー内容は、高速のサービスエリアの食堂などと似たような雰囲気です。

そば、ラーメン、カレー、おこさまランチなど。

たこやきや、フライドポテトなどのスナック類も扱っています。

品数はそんなに多くありません。

「大山ソフトクリーム」を食べているご家族が多いです。

また、建物の外でバーベキューをすることできます。

バーベキューの具材はその場で注文もできますし、持ち込みも可能です。

ただし、持ち込みは一人200円の別途料金がかかります。

「おみやげショップ」はこじんまり

品数は少しですが、お土産コーナーもあります。

うちだけかもしれませんが正直、そこまで思い出の出来るものはないと感じました。

木に名前などを刻印することもできますが、それは我が子にはムリだと思いました。

結局なにかを買うことはなかったです。

長期休暇中でも余裕に停められる無料の「駐車場」

500台無料で停められます。

ゴールデンウィークに行ったのですが、余裕で車を止めることができました。

大型車でも狭くない十分なスペースです。

「トイレ」は施設内に2か所のみ

ビジターセンターに1か所、フィールド内に1か所しかないです。

しかも洋式が3つなので、混みあうと大変だと思います。

オムツ替えスペースや、障害者用のトイレはありました。

ここだけの話!「森の国」おトク情報

続いて、リピーターしか知らない「これ知らないと損するよ」というおトク情報、こっそりお伝えしていきますよ。

土日の混み具合は「気になるほどではない」程度

週末になれば、平日よりは混みあうと思います。

でも、土地が広いため、そこまで混雑した雰囲気はありません。

待ち時間も、特に気になるほどではないです。

ワンちゃんも一緒にドッグランで楽しめる

ドッグランがあるので、ペットを飼われている方には最高の場所です。

ワンちゃん一匹につき別途500円かかりますが、家族みんなで楽しめます。

「遊具の持ち込み」も自由にOK

遊具も持ち込み可能です。

もちろんケガにつながる危険な物はダメですが

  • 三輪車
  • キックバイク

など持ち込みができるので好きな遊びができます。

最後に、「リピーターママからのもう一言」!

紹介者ママ

本当に自然が豊かで、いくら子供が走っても迷惑にならないです。

お子さんと一緒に思いっきり遊びたいご家族には最高の場所ですよ。

さて、いかがでしたか?

今度のお休みはぜひ、「森の国」で楽しい時間を過ごされてみてくださいね。

それでは今回はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【森の国 大山フィールドアスレチック】http://www.sanin.com/daisen/morinokuni/

B!