【障害児おでかけ情報・埼玉】電車好きっ子感激!「鉄道博物館」を遊びつくす技全まとめ

障害児全国おでかけ情報

関東地方で「障害のある子供も一緒に楽しめるレジャー施設」が知りたい!

・子どもが「大好きな電車」に乗せてあげたい

・トキめくもの、興味を持てるものとゆっくりふれあわせてあげたい

でも「うちの子障害があるから・・・」と色々配慮が必要なことが多く、レジャー施設へのお出かけをためらわれていませんか?

今回、情報提供してくださった「6歳の男の子のママ」

「息子は知的障害がある自閉症児です。

電車が大好きで、乗りたがりますが、

車内で

  • 大きな声を出す
  • 窓の外を見たがって騒ぐ
  • 別の車両に移動したがる

など、マナーの面で良くない所がたくさんありました。」

とのこと。

しかし、

「実際に電車に乗せるのは大変な我が子も、大好きな電車を満喫できる遊び場を見つけました」

と、おすすめレジャー施設を教えてもらいましたよ。

「本当は教えたくないマル得情報も」盛りだくさんです。

それではさっそく

「障害児とお出かけ情報埼玉・『電車好きっ子感激!鉄道博物館を遊びつくす技全まとめ』」を紹介します。

「鉄道博物館」には41両の実物車両をはじめ体験ブースがいっぱい

鉄道博物館

所在地:埼玉県さいたま市大宮区

紹介者ママ
「今回はわたしが紹介しまーす」

「鉄道博物館」は思わず電車好きさんたちの目が輝くような、鉄道にまつわる展示がたくさんあるところです。

JR東日本創立20周年記念事業の一環で2007年に、さいたま市大宮区に建設されました。

「てっぱく」という愛称で親しまれています。

「古今東西の実物鉄道車両」がなんと41両もあり、自由に乗り降りできます。

解説付のジオラマもあり、大人も子供も楽しめます。

屋外には小さな公園があり、「ミニはやぶさ号」に200円で乗車することができます。

キッズプラザでは工作やお絵かき、プラレール遊びができます。

整理券を入手して、運転体験や車掌体験などのシミュレーションをすることもできます。

とにかく「鉄道に関するワクワクする体験」をいっぱいさせてあげられるところです。

「障害者手帳」を見せると「本人と介助者の入場料が割引」される

障害者手帳を持っている本人および、介助者1名は、「団体料金」が適用されます。

(一般1300円のところを1040円に、

3歳以上~未就学児300円のところを150円に。)

子供の心をわしづかみする魅力的な展示物、擬似旅行気分も味わえる

自閉症の子は鉄道好きが多いので、「鉄道博物館」の展示物は、「マニア心が大いに刺激される」と思います。

地方の特急列車や昔の新幹線に子供と一緒に乗ってみると、疑似旅行気分も味わえます。

はつ子
「迷子を発見しやすいという、すごい良ポイントもあり!」

子供は夢中になって展示を見て回り、迷子になりやすいですが、

2階に上がると1階フロアを俯瞰的に眺めることができるので、「子供の姿を見つけやすい」という利点があります。

うちの子、「鉄道博物館」をこんな風に楽しんでます

うちの子は、

昔のお茶の水駅のホームと鉄道車両のコーナーの「ずみのゃちお」(反対から読む)という駅名表記が大のお気に入りです。

「ずみのゃちお」と連呼し、大笑いしています。

各車両の中では

「次はー、秋葉原、秋葉原駅に到着です。降りる方はご注意ください。」

と、ノリノリで一人アナウンスを楽しんでいます。

路線図や地図が好きなので、駅名や「○○行き」の表記を見つけると、嬉しそうに読み上げていました。

テンションMAXの子供に疲れてしまうかも!ルートを決めて回ろう

鉄道博物館内は広く、展示物が多いので、子供は喜びますが、親は疲れます。

一つの展示にハマってしまうと時間がかかってしまうので、時間配分を決めないといけません。

あらかじめ子供と一緒に見学ルートや時間などスケジュールを立てておけばスムーズに見学できると思います。

全てを見て回るのは時間的に厳しいと思うので、取捨選択も必要かと思います。

絶対おさえておきたい「鉄道博物館」の設備情報5つ

お食事は?おみやげは?トイレは?さらに詳しくナマの声を紹介していきます。

持ち込み「お弁当」OKの休憩スペースあり

1階に「183ランチトレイン」という特急系車両を用いた「飲食OKの休憩スペース」があります。

売店で買った駅弁や持参のお弁当を車内で食べる事ができます。

お昼時間は結構混んでいました。

また、

「屋上パノラマデッキ」や「3階の『新幹線ラウンジ』」にも、持ち込み食OKのスペースがあります。

窓際席から新幹線が見える「ビューレストラン」がおすすめ

館内には、

  • 駅弁販売店
  • 食堂車風の本格レストラン
  • スナックが豊富なキッズカフェ
  • ビューレストラン

などがあります。

4階の「ビューレストラン」を利用したことがあります。

食券システムのフードコートで、広々として清潔感があります。

ラーメン、カレー、パスタ、キッズプレート、デザートなどがリーズナブルに食べられます。

窓際のテーブルは走行する新幹線が見えるので人気です。

大人も楽しめる「おみやげショップ」は商品も充実

入口付近に「ミュージアムショップ」というおみやげやさんがあります。

お菓子、タオル、衣類、文房具、本、お菓子など何でも揃っています。

デザインがお洒落で凝っているので「大人も満足できる商品が多い」です。

オリジナルの電車柄マスキングテープがかわいかったです。

自宅用にお菓子のお土産でもと思いましたが、結局我が家はまだ購入したことがありません。

でも、商品を眺めるだけでも楽しいですよ。

1日800円の敷地内併設「駐車場」あり

鉄道博物館の「来館者専用駐車場」は一日800円で利用できます。

「一般車」「バス」「身障者」と車の種類にあわせて駐車する場所が異なります。

平日は、停められないことがまずありません。

ただ、土日や連休などは、開館時間の10時頃行っても入庫まで1時間以上待つことも。

周辺コインパーキングの方が、値段は安いです。

実際に確認はしていませんが、駐輪スペースもあるようです。

清潔な「トイレ」、数も十分

館内にトイレはたくさんあります。

トイレも洗面スペースも清潔で使いやすいです。

小さいお子さんも多い場所なので、オムツを替えるスペースもトイレとは別にあります。

ここだけの話!「鉄道博物館」おトク情報

続いて、リピーターしか知らない「これ知らないと損するよ」というおトク情報、こっそりお伝えしていきますよ。

土日に行くなら午前を狙え!整理券を早めに取っておこう

人気スポットなので、土日祝日、長期休みは混雑します。

午前中の早い時間帯に行けば比較的遊びやすいです。

また、シミュレーターなどの体験展示、プログラムは整理券が必要です。

屋外の「ミニはやぶさ号」も大変人気があるので、いつも行列ができます。

着いたらすぐに、整理券を取りに行くのがおすすめです。

ビューレストランの窓際席は「10時50分頃から待機」してゲットしよう

4階の「ビューレストラン」で、大人気の窓際席を確保するコツです。

ビューレストランは11時開店なのですが、開店10分前位に店前に待機しましょう。

そうすれば、窓際のテーブルを確保でき、「走行する新幹線を見ながら食事をする」ことができます。

2階通路の「ステンドグラス」はママ必見の美しさ

2F通路に大きなステンドグラスがあり、とても素敵な絵が光に溢れて見とれてしまいました。

銅版画家の山本容子さんの原画・監修による「過ぎゆくもの」という作品です。

最後に、「リピーターママからのもう一言」!

ママ

「自閉症の子は鉄道好きな「てっちゃん」が多いので、「お仲間かな?」と思われる方(小さい子から大人の方まで)もたくさんいらっしゃいます。

ひるんだり遠慮したりせず、お子様と是非行ってみてください。」

さて、いかがでしたか?

今度のお休みはぜひ、「鉄道博物館」で楽しい時間を過ごされてみてくださいね。

それでは今回はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【鉄道博物館】http://www.railway-museum.jp

B!