【障害児おでかけ情報・愛知】格安「のんほいパーク豊橋総合動植物公園」完全攻略ヒント集

障害児全国おでかけ情報

中部・東海地方で「障害のある子供も一緒に楽しめるレジャー施設」が知りたい!

普段は見られない大きな動物たちを、間近で見せてあげたい。

広い敷地で、のびのびおさんぽできるような機会を作ってあげたい。

でも「うちの子障害があるから・・・」と色々配慮が必要なことが多く、お出かけをためらってしまいますよね。

今回、情報提供くださった「6歳の男の子のママ」

「息子は知的障害があり、何事にも興味が薄い子です。

なので、いろいろな経験をさせたいけど、『費用の割には滞在時間が短くて、あまり高いところは行けない』ことが悩みでした。」

とのこと。

しかし、

「格安料金で、周りを気にせず大人も子供も1日遊べる、おすすめレジャー施設を見つけました」と、情報提供していただくことができました。

「本当は教えたくないマル得情報も」盛りだくさんですよ。

それではさっそく

「障害児とお出かけ情報・愛知『格安総合公園!のんほいパーク 豊橋総合動植物公園を徹底攻略するヒント集』」を紹介します。

のんほいパークさまから許可をいただき、施設内写真を公式ホームページからお借りしています。

のんほいパークは「動物園、博物館、植物園、遊園地」が揃う大型公園

のんほいパーク 豊橋総合動植物公園

所在地:豊橋市大岩町字大穴1-238

「のんほいパーク 豊橋総合動植物公園」は、「動物園、博物館、植物園、遊園地」がそろった総合公園です。

「動物園」にはゾウ、キリン、シマウマ、カバ、ペンギン、サルなどの動物が一通りそろっていて、ゆったりと見ることができます。

「博物館」には恐竜の骨などの展示があり、外には大きな恐竜のオブジェがあり迫力満点です。

「遊園地」には小さいながらも、メリーゴーランドや観覧車、シューティングゲーム、ゴーカートなどがあります。

さぽ太くん
「アミューズメントをぜんぶ詰め込んだ施設やね!これはすごい」

「障害者手帳」で「本人と介護者1名の入園料が無料」になる

手帳を提示すると、本人と介護者1名の入園料が無料になります。

※通常 大人600円 小人(小・中学生)100円

「とにかく安く」「広い敷地をのびのび」楽しめる!

「のんほいパーク」の推しポイントは「とにかく安い」ことです。

普通の入園料でも大人600円、小・中学生100円、幼児は無料という格安です。

我が家は大人2名、子ども1名で行くので、療育手帳を見せて、大人600円のみで3人入れます。

遊園地の乗り物も一番高くて300円です。

「乗り放題パスポートも、大人が1,000円、子どもが500円」と、格安で1日楽しめます。

はつ子
「本当に格安ですね!600円で3人入れるなんて~。」

もう1つの推しポイントは「とにかく広いので、あまり混んでない」ところで、とてもありがたいです。

動物も目の前で見られます。

あと、

うちの子は動物にあまり興味がないので、次々に進もうとして、普通の動物園ではすぐに見終わってしまいます。

けれど、

ここなら動物園が終わっても「博物館」に行って、「植物園」に入って、「遊園地」で乗り物に乗って・・・と、長い時間を過ごすことができます。

さぽ太くん
「わかるわ~。次々、すぐ飽きてまうねんなぁ。次々行きたいねん。」

広すぎて全部は回れない?有料園内バスのススメ

かなり広いので、全部歩くのはちょっと大変です。

園内バス(有料)を利用するか、ベビーカーに乗れる年齢の子ならベビーカーは必須だと思います。

うちの子は園内バスに喜んで乗ります。

あと、平日なら大丈夫ですが、「土日は遊園地側の売店は行列ができていることが多い」です。

うちの子はあまり並ぶことができないので、簡単な軽食は常に持って行っています。

絶対おさえておきたい「のんほいパーク豊橋総合動植物公園」の設備情報5つ

お食事は?おみやげは?トイレは?さらに詳しくナマの声を紹介していきます。

「お弁当」歓迎!シートを敷いてのびのび食べよう

お弁当は、レジャーシートを敷いて食べられるところがたくさんあります。

気候のいい時期は多くの家族連れがお弁当を食べていますが、混んでいて敷けないといったことは今までないです。

地元食材を使った「イタリアンレストラン」や「展望塔カフェ」でくつろげる

我が家はいつもお弁当なので、実際にレストランを利用したことはないんです。

が、「自家製生麺と地元野菜を使ったパスタ」など地元の食材を使った料理を食べられる「イタリアンレストラン」や、「展望台からの眺めを楽しめるカフェ」があります。

軽食を扱っている売店も3ヵ所あります。

はつ子
「平成26年にリニューアルしたそうです。喫茶のケーキもおいしそう。」

「おみやげショップ」は全部で3か所、雑貨やお菓子など

お土産を買える売店は3ヵ所あります。

「動物のぬいぐるみやハンカチなどの雑貨、お菓子」などを売っています。

うちの子が唯一興味を示した「ペンギンのぬいぐるみ」を買いました。

個人的には、自然史博物館の中にある売店で売っていた「実験キット」がおもしろそうだと思いました。

土日は11時ごろまでを狙いたい「駐車場」

駐車場は、中央門側780台、東門側520台、西門側350台あります。

平日はよっぽどのことがなければ停められます。

土日は11時頃までに行くようにすれば停められると思います。

駐車料金は普通車200円、中型・大型車は400円で、出口払いです。

さぽ太くん

「駐車料金も安いな!助かるなぁ」

綺麗で数多い「トイレ」、オストメイト対応は西門へ

「多目的トイレが園内に4ヵ所」、「身障者用トイレが11ヵ所」あり、以前よりきれいに整備されて、充実したなあという印象をうけました。

西門には「オストメイト対応のトイレ」があり、一番設備が整っています。

ここだけの話!「のんほいパーク」おトク情報

続いて、リピーターしか知らない「これ知らないと損するよ」というおトク情報、こっそりお伝えしていきますよ。

春休みからGWにかけての土日は「午前中着」を目指そう

平日より土日の方が混みますが、広いので動物は十分見ることができます。

遊園地の乗り物もまず大丈夫です。

「春休みからGWにかけて」は気候がいいので、やはり一年の中で一番混みます。

午前中に着くように行った方がいいです。

無期限の「前売り券が480円で」購入可能!周辺コンビニでも買える

前売り券がなんと480円で買えます。

有効期限がないので、いつも帰る時に買って、次に行く時に使います。

周辺のコンビニでは「当日でも使える」前売り券を売っています。

さぽ太くん
「前売り券ちゃうやん、とツッコミたくなるけどありがたい。」

大きめベビーカーは1日200円でレンタル可

ベビーカーを1日200円で借りることができます。

大きめのベビーカーなので、5才ぐらいまで乗ることができると思います。

門のところで借りるのですが、借りた門とは別の門でも返すことができます。

はつ子
「別の門で返してもOKなのって、いいですね。子連れだと移動がどうしても大変ですし。」

最後に、「リピーターママからのもう一言」!

お安い料金で、親も子どもも1日楽しめる場所です。

本当に広いので、騒いでも大丈夫です。

「簡単な水遊び」もできるし、着替えを持って、ぜひ遊びに行ってみてください。

季節のイベントも盛りだくさん!何度も行って楽しもう

はつ子
「夏休みは『ナイトZOO』というイベントまであるらしいですよ。なんと21時までオープン。」
さぽ太くん
「期間限定のエサやりとか、フォトコンテストとかもやってるんやなぁ。イベント目白押しや。」
はつ子
「何より格安なんで、何回も来て楽しめそうですね。」
さぽ太くん

「来週は動物園メイン、再来週は植物園メインにしよかな。

あ、遊園地は毎回必須やで。」

さて、いかがでしたか?

今度のお休みはぜひ、「のんほいパーク 豊橋総合動植物公園」で楽しい時間を過ごされてみてくださいね。

それでは今回はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【のんほいパーク 豊橋総合動植物公園】https://www.nonhoi.jp/

B!