【発達障害いつわかる?】1歳3か月の診断までに母を襲った赤ちゃん期3つの違和感

「うちの赤ちゃん、もしかして発達障害なのかな?不安でたまらない。」と悩まれていませんか?

自閉症児の赤ちゃん期ってどんな特徴があるのか知りたい

・4か月健診で、なにか気づいてもらえるのだろうか

定型児との違いが目立ちだすのはいつ頃?1歳でもわかる?

こんにちは、3歳自閉っ子の母ライター、ソウカイです。

子どもに発達障害があるかどうかは「3歳を過ぎないとわからない」という一般論がありますがウソです。わかります。

と、言ってもわたしも小児科の先生が見つけてくださるまで「発達障害かも」なんて微塵も思っていませんでした。

しかし、1歳3か月という早い時期に発達障害がわかった我が子は超・スピード療育につなげることができました。

わたしたち親子がとても助かったので、「発達障害かもしれない」というお子さんは本当に少しでも早く、療育や【児童デイ】につながれたらいいのに・・・!と心底思います。

いま、赤ちゃん期のお子さんの様子がなんだか気になるかも、というママへ何かヒントになればという願いを込めて

今回は「1歳3か月に発達障害を診断されるまでに子どもとの生活の中で、わたしが大きく違和感を感じた出来事3つを紹介しますね。

生後4か月で「極低体重ベビー」として厳重注意される

1つ目は母乳が飲み込めず、低体重児として医師から叱られたときのことです。

出生時は2990gと平均的な大きさで産まれた我が子は役所の4か月検診で「下位3%以下の低体重児」としてチェックが入りました

100人いたら、上から3番目くらいまでに小さい、痩せてるということです。

産後は母乳8割ミルク2割くらいの割合で授乳してました。

乳房をくわえてゴックゴックと一生懸命飲んでいたんですけどね、全然母乳を飲みこめていなかったようです。

不運なことに、わたしは母乳がすごく出るタイプだったので当時毎週のように乳腺炎になり高熱で病院へ駈け込んでいました。

まさか飲み込めていないとは気づきもせず・・・。

管理人
ちなみに、哺乳瓶では問題なくグングン飲めてました。

4か月検診で、我が子をチェックしたお医者さんは『母親が母乳を出せていないのに完全母乳育児にこだわっているパターン』だと勘違いされたようで

「あなたのやってることは虐待だよ?

どうして粉ミルクをあげないの?

死んでしまうよ?」と厳しく指導されました。

切なかったです。

管理人
睡眠不足も重なり、帰り道、泣いてしまいました。

あまり有名ではないのですが、発達障害を抱えるお子さんはうちの子のように、母乳を飲み込むのがとても下手ということがあるようです。

当時のわたしのように、育児に関する注意を第三者から受けたお母さんの子が、のちに発達障害を有していたとわかるケースも割と多いらしい

よその満1歳児のコミュ力の高さに心底ビビる

2つ目は、ほぼ同年齢のよそのお子さんの様子にびっくりしたことです。

うちの子が満1歳の頃、うちの子より10日早く産まれた赤ちゃんを連れて友人親子が遊びに来てくれました。

ちょうど友人親子が到着したときに、うちの子は昼寝してしまっていて、30分ほど、友人親子とわたしの3人で過ごす機会がありました。

普段は我が子の動きにハラハラしたり、気を取られっぱなしで全然きがつかなかったのですが、遊びに来てくれた1歳児ちゃんがわたし(知らんおばちゃん)の様子をすごく伺っていたことにまず驚きました

窓から差し込む光を「指さして」、そのことについて何かモニョモニョとわたしに向かってコメント、さらにわたしに対して「ニコッと笑った」んです。

一連の流れに対して、そんな高度なやりとりができるの?!と度肝を抜かれました。

ですがしかし、賢い人の子は賢いんだな~とか、上手に教育してはるんだなーとか、女の子って成長早いって言うしなーとかその子が特別おりこうさんなんだろうと思い込み我が子の発達を疑うきっかけにはなりませんでした。

1歳用の問診票に、3か月後も「はい」がほとんど付けられない

3つ目は、診断日当日に病院で配られた問診票を書こうとしたときのことです。

かかりつけの小児科が独自で行っている満1歳健診に、我が子を連れて行きました。

そのとき、先生が理由はおっしゃらなかったのですが
「念のため、3か月後にもう一度来てもらえますか?」と再診のお願いをされました。

3か月後、1歳3か月の我が子を連れて、病院を訪れたときに「満1歳用」の問診票を手渡されて、書かれていることを見たときはじめて背筋がヒヤッとしました。

管理人
満1歳用問診票の「〇〇できますか?」の一覧、うちの子全然できない!

「~できますか?」に はい/いいえ で答える形式の質問が10個くらい書かれているものだったのですが

「はい」に〇をつけられるのが、

1個か・・・ちょっと盛っても2個、くらいしかなかったのです。

看護師さんに「これって、1歳用です・・・よね?」と念のため確認しても、「そうですねぇ」と、間違いない様子。

あーこれちょっと、予想外の展開かもしれない・・・と子どもを抱えて冷や汗をかいていると、

その日の診察で、「やはり、なんらかの発達障害を抱えられていると思われます」と医師から告げられました。

この日はじめて、わたしは我が子に発達障害が有るということを知りました

まとめ

さて、いかがでしたか?

自閉症児の母であるわたしが、小児科で「発達障害」を告げられるまでに遭遇していた
「そういえばあのとき・・・」という事件は

  • 生後4か月で「母乳を飲みこめず極低体重ベビー」になる
  • よその満1歳児のコミュ力の高さに心底ビビる
  • 1歳用の問診票に、3か月後も「はい」がほとんど付けられない

という3つでした。

役所が実施する1歳半健診までに動き出す保護者はすごく稀です。

稀なぶん、かなり早めに療育につなげることができます!

わたしも、医師に見つけてもらえなければ気が付かなかったかもしれない身ですが少しでも気になることがあるときはぜひ、行動を起こしてみてくださいね。

もしかしたら発達障害?真っ先に頼るべき相談相手5人とその理由

2017.05.14

また、過去記事である
【うちの子発達障害?【0歳1歳期の特徴】自閉症児ママがズバッと解説13タイプ!】でも、0歳1歳期に特徴的だった様子をさらに詳しく紹介しています。

お子さんに関するお困りが、成長と共に、ゆるまっていかれますように。

以上、我が子の発達障害が明らかになるまでの違和感や経緯でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク