【MEC食で太った】楽勝で「チーズ食べ過ぎ欲から解放される」3つの裏技

糖質制限・メガビタミン

「MEC食や糖質制限を始めて、すごく太ってしまった」ことに悩まれていませんか?

・バター、チーズなどの脂質をものすごい量食べてしまう、止まらない

・「痩せた」と聞いた人がほとんどなのに、どうして私は太り続けていくいくのかと悲しくなっている。

・明らかに、下腹が出てきて、キューピーさんのような幼児体型に・・・

ダイエット目的で始めた糖質制限やMEC食。

痩せるどころか、どんどん体重が増えてしまうと、焦ってしまいますよね。

実は、わたしもMEC食を始めて13キロ、体重が増えてしまいました。

なぜかというと、

「脂質を渇望し、超・過食欲求」にしたがって爆食いしていたからです。

  • チーズ200グラム
  • 生クリー200ミリリットル
  • バター100グラム

などペロリとたいらげて「それでもまだ食べたい」と思っていたのです。

パンパンに太り、服もどんどんサイズアウト、買い替え買い替えして家計を圧迫。

やっぱり糖質制限は自分に合っていないんじゃないかとすっかり困っていました。

しかしふと、

ある簡単な3つの方法を試したところ「すごかった脂質への執着が消えていった」のです。

今では、ごく自然に「そんなに食べたいと思わなくなった」ので、「食に対してとても穏やかな気持ちで向き合える」ことができています。

同じように、

  • 脂質の過食に苦しんでいる方
  • 体重が増え続けることに不安を抱いている方

も、過食欲求が消えれば、「理想の体型を手に入れて、着たい服を着て堂々と」人前へ出られますよね。

そこで、

今回は「MEC食や糖質制限で太り続けている人が、異常な食欲を抑えるための3つの方法」を紹介します。

脂質代謝に切り替えるために「カルニチンをサプリメントで摂る」

今のお食事に「アセチルLカルニチン」というサプリメントを取り入れてみましょう。

糖質制限をすると、

大半の人は今まで使っていた「糖質エネルギー代謝」回路をゆるめ、「脂質エネルギー代謝」回路をメインで使えるようになります。

この代謝回路が切り変わると

  • 今まで以上に元気いっぱいになる
  • 少しのエネルギーで体がしっかり動くようになる
  • 「常に何か食べたい」という過食がおさまる

などの効果があります。

ところが、

先天的な体質で、この「脂質エネルギー代謝」回路への切り替えがうまくいきにくい人がいます。

こういう人に、「アセチルLカルニチン」を足すと、「ストン」と回路が切り替わり、「異常食欲がスーッとおさまる」のです。

ママ
「脂質はいくら食べても太らないって聞いたけど?」
はつ子
「そうだといいんですが、やはり体質によります。太りにくい人も中にはいますが、激太りしてしまう人も多いです。」
参考:藤川徳美先生ブログ「精神科医こてつ名誉院長のブログ」高タンパク/低糖質食でもケトン体が増えない人にはアセチルLカルニチン

Lーカルニチンの取り方

推奨:1日2~3回×各1,000ミリグラム

食後に取ると良いでしょう。

3週間ほどで即効果を実感できます。その後もじわじわ、食欲が落ち着き続けます。

L-カルニチンサプリ、どうぞ試してみてくださいね。https://iherb.co/3QzSseve

タンパク質の吸収量を上げるために「食事の回数を増やす」

1日3食以下で「過食欲求が消えない」場合は、1日5~7食「少量を回数多く」という食事パターンに変えてみましょう。

なぜなら、

「1回の食事で吸収できるたんぱく質」の量は個人差がものすごくあるからです。

つまり、「過食欲求が起きる=エネルギーが足りていない」ということです。

はつ子

一般的には、「1度の食事で20gから30g」のたんぱく質を吸収することができると言われています。

ところが、

10gほどしか吸収できない人もいます。

食べても食べても、受ける側が吸収しきれずこぼしていたとしたらどうでしょう?

こうなると、

体内で処理しきれずに排出してしまい、栄養不足、やがては飢餓状態になります。

対策は、「少量のたんぱく質を、何回も補給してあげる」こと、です。

とても小さな器でも、少しずつ何度も水を入れてあげれば、総量はかせげますよね。

毎日、回数多く「ちょこちょこ食べ」ぜひ実践してみてくださいね。

糖質ゼロの甘味料を使うのやめる

ラカントや、シュガースリムなどの「糖質ゼロと言われている代替甘味料」を控えましょう。

ママ
「なんで?糖質ゼロだから、太らないって聞いたけど」
はつ子
糖質ゼロでも、甘さはしっかり脳が感じているので、ごまかせないんです。

歯科医師の長尾周格先生は、「糖質ゼロ甘味料」について以下のようにコメントされています。

一番やってはいけないのが、砂糖をやめるために、代替甘味料を摂るようになることです。

これは最悪です。

というのも、代替甘味料というものは、種類が何であれ、甘い物中毒を砂糖以上に悪化させるものだからです。

実際糖尿病などで糖質制限をしている人で、代替甘味料を摂っている人は、砂糖を摂っていた時以上に甘い物に固執するようになります。

本当に狂気というか、狂ったように甘い物を求めるようになるのです。まあ、麻薬ですから当然といえば当然ですけど。

稲毛エルムクリニック院長ブログ「砂糖をやめるとは」より引用

実際に、

ママ
「代替甘味料を使いだしてから、信じられない量の糖質オフスイーツをたいらげてしまうようになった

という声は自分も含めてとても多いです。

代替甘味料は、「糖質への欠乏感」を引き起こすだけでなく、「空腹感・飢餓感」もあおります。

「それでもなかなかやめられない!」という方は「手放したい習慣のやめ方」がわかるこちらの記事を:

▼【ぼくたちは習慣で、できている。】読むだけで即座に夜更かしをやめられた3つの理由

味覚をもどし、落ち着いて食事ができるように、代替甘味料とはお別れしてみてくださいね。

まとめ

さて、いかがでしたか?

糖質制限やMEC食で太ってしまった体を「きれいに引き締まったうっとりボディ」にするには

  1. 「L-カルニチンを取って」脂質代謝にスムーズに切り替えること
  2. タンパク質の吸収量上げるために「こまめにたくさん食べる」こと
  3. 異常食欲を抑えるために「代替甘味料の使用をやめる」こと

以上3つですよというお話でした。

これで、体の中からわきおこる「異常な脂質欲求」を、無理なく押さえていきましょう。

「健康」「元気」「アンチエイジング」「美肌・美髪」などたくさんのメリットがありすぎる糖質制限。

上手に続けて、理想の体に新しい服をはおり、悠々と街に繰り出されてくださいね。

あなたの食欲が落ちつき、心も体も穏やかに、心地よい毎日を送られますように。

それでは今回はこの辺で。最後までありがとうございました。

※おしらせ※

食欲を抑えるだけでなく「脂肪燃焼の促進効果」もあるL-カルニチン。

頭スッキリ。ツヤツヤ肌。ハツラツとした表情。

美しく引き締まった体で、次の季節を迎えませんか?

5段階評価で、87%以上の人が☆4~5を選択した太鼓判サプリ。

https://iherb.co/3QzSseve

子供にも糖質制限という愛情を。驚異の回復力!:「【発達障害を改善】2カ月で著効した幼児向け食事栄養療法3選」

「もっと効率よく美しくなりたい!」方、答えがここにあります:「【発達障害とメガビタミン】誰でも確実に栄養療法がわかるおススメ本3冊」

B!
☆大好評☆ぜ~んぶ先輩ママの生の声 「今度のお休み、ココ連れてって!」 知らなきゃ損!障害児「全国おでかけスポット情報」一覧リスト公開中