「心ない言葉に傷つく」発達障害児ママの心を温める秘伝の転換術3選

外出先で癇癪を起こしたり

パニックになっている

お子さんをなだめている間に

見知らぬ人から心ない言葉をかけられて

傷ついたという経験はありませんか?

 

・「これだからいまどきの親は」と

知らないおばさんに言われた

 

・会計待ちの列に並べず寝そべる

わが子を見る周囲の冷たい視線に

辛くなってしまう

 

・パニックがおさまるのを待つ間に

「うるさい!」と怒鳴られて

自分も怖かった

 

 

外出先で発達障害のお子さんが

パニックを起こした時に

ただでさえパニックをなだめるのに精一杯なのに

心ない言葉をかけられて

がっくりくることってありますよね。

 

もはや親の自分も、

その場に座り込んでしまいたくなります・・・。

消耗がすごいです・・・。

 

発達障害を持つお子さんたちのなかには、

ぱっと見ただけでは発達障害を抱えていることが

周囲から分かりづらい子たちも多いです。

 

ですから、お子さんが大泣きしていたり、

スーパーで走り回ったりしている姿を見て

親の躾がなってないからと

決めつけてしまう人」もたくさんいます。

 

発達障害のことがよくご存知でない

その場に居合わせた方々から、

心無い言葉をかけられてしまうことは

おそらく今後も避けがたいことではありますよね。

 

受けてしまった心無い言葉への

モヤモヤを消化できずにいると、

何度も思い出してしまい、その都度

あなたの憂鬱さが大きくなってしまいます。

 

心無い言葉たちを、

今よりもっと軽くスルーし、

自分の糧にできる簡単な考え方

あるとしたらいかがでしょうか?

 

そこで今回は、

周囲の心ない言葉をうまく転換させて、

自分の心がリッチになってしまう考え方のヒントをご紹介します!

スルースキルを習得するための修行のチャンスだと思う

心ない言葉が急に耳に入り

グサッとくることがありますが

それはあなたが「スルーするスキルを

身に付けるための修行だ」ととらえましょう

 

何かと大きな声を出す、

また周りのひとが想定していること以外のことをしてくれる

ユニークなお子さんたちは

ときに周りの凝り固まった観念の持ち主からは

非難をあびることがあります。

 

これはママがどんなふうに振る舞っていても

ある程度は避けられないものです。

 

なので逐一そのことに傷つくよりも

(もちろん一瞬ウッ!とはなると思いますが)

心ない言葉をスルーしていく技術を

身につける糧に変えてしまいませんか?

 

スルースキルは今後、

絶対にあなたやお子さんを助けてくれることになります!

 

スルー技術をどんどん磨いて、

柳のような折れない心になっていきましょう。

周囲に期待をしない

そもそも周囲の人たちに「大変さをわかってもらおう」と

期待をすることやめてみましょう。

 

これはわたしの例なのですが、

見知らぬ人から声をかけられるときは子どもが号泣し

パニックになっていることが多かったので

「こんなに大変な思いをしている、わたしは良く評価されるべきだ」

みたいな変な承認欲求がありました

 

そこで逆に注意されるという

マイナスの評価を下されることで、

自分の中では落差が大きくショックを感じていました。

 

そのことに気付いてからは、自分に酔うのはやめて(笑)

元々、周囲に期待をせず、

 

周囲の人々はそれぞれ自分の人生に手一杯なので

こちらの状況を事細かに知ることはできない

ということを認識するようになりました。

 

悪意があって心無い言葉をかけてくるというよりは

相手側にもそれなりの事情があり

そういう言葉を出さずにはいられない背景があったのだと思われます。

 

周囲に期待せず、

万一心無い言葉に当たっても気にしないように

意識することがおすすめです。

心ない言葉に落ち込んだら安全な場所で共感を得る

突然あびてしまった心ない言葉に

心がすっかりしぼんでしまった時は

あなたの知る安全な場所で

仲間に共感してもらってスッキリしましょう!

 

同じような境遇のママ友さんとメールをしたり

発達障害を抱えているお子さんたちの

ママの掲示板に書き込むなどがおすすめです。

(最近はネット上でもたくさんありますよね)

 

そこで、誰かに

「あるある!うちもとても大変だ」というように

わかってもらえるだけでも

スーッと心が晴れますよ。

 

またそういった場がすぐに思いつかない人は

紙に思いつくままに、傷ついた気持ちをざっと書き出し

それをそのまま「読み返さずに捨ててしまう

ということもとてもデトックス効果があります。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

さて、いかがでしたか?

 

心無い言葉たちを、軽くスルーし、

うまく転換させて、自分の心がリッチになっていく考え方とは

 

スルースキルを習得するための修行のチャンスだと思う

 

周囲に期待をしない

 

心ない言葉に落ち込んだら安全な場所で共感を得る

でした。

 

以下は補足ですが、

心ない言葉をスルーするのが下手だ・・・という方は、

それは「性格の問題ではなくて、技術や慣れの問題」です 。

 

1回目より10回目のほうが確実に

上手にスルーできるようになります。

 

まただんだん、

「自分と言ってきた人とのことを

切り離して考えられるように」なってきます。

 

心ない言葉を言ってきた人は

「ただその人が良いアドバイスをしたという

優越感を満たすため」だったり

衝動的に反応してしまったがために

そういう行動を取った」んだなと

客観的に見られるようになってくると、

何でもないことのように感じてきます。

 

場数を踏むことで本当に

どんどん気にならなくなっていくので大丈夫ですよ。

 

心ない言葉をスルーする技術を身に付けて

今までモヤモヤを生産していたパワーを、

あなたが大切に思っている活動をすることにあてて

楽しく過ごしていきましょうね!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク