【過食症を絶対治す】育児ストレスで15キロ太った私がプロテインと出会って大逆転した食事方法

糖質制限・メガビタミン

「ストレスによる過食をもうやめたい!」と誰にも相談できずに苦しまれていませんか?

  • 毎日信じられない量のお菓子やパンを食べ続けてしまう
  • もう食べたくないのに一日中食べてしまう
  • 食べても食べてもお腹がすいてつらい
  • どんどん太りし続けてしまい、着られる服がほとんどなくなってしまった

 

もしかするとあなたもそんな涙が出るような思いを抱えてこのページにたどり着いてくれたのではないでしょうか。

しかし、

最初に言います。

あなたの過食、「ある方法」で、絶対に、確実に治せます。それも短期間で。

実は、

かつての私も今のあなたと同じ、過食症でとても苦しんでいました。

隠れてひたすら食べて太り続ける・・・。

大きな過食の波が来るたびに10kg以上の増減を繰り返していたのですが、とうとうあるとき15キロ太ったままもう戻らなくなりました。

おまけにお腹の調子は「いつも便秘かひどい下痢を繰り返して」最悪。

顔は肌荒れでボロボロのカサカサ。

大量の甘いものを食べるので、白髪や抜け毛が増え、髪もぺたんこ。

ふと鏡を見たとき、

そこには「これ・・・誰?」と思うほどに、老けてやつれて全身パツパツにむくんだ自分がいました。

慌てて大きいサイズの服を買うも、その「大きなサイズの服すら入らず、試着室から出られない」ことも。

もしあなたも、私と同じような状態だったら、今まですごくつらかったですよね。

本当に毎日がんばってこられましたよね。

そして、

食べ過ぎてしまうご自身を「意志が弱いダメな人」「女としての魅力がない」などキツイ言葉で傷つけてしまったのではないでしょうか。

でも、

あなたのそんな「長年、過食に振り回されてきた」という悩みは、ほんのちょっとしたことで簡単に治ります。

それも、きつい運動や、食事制限、難しいテクニックも必要なく。

必ずです。

一日中食事のことばかり考えてしまうつらい毎日とはきっぱり縁を切ることができます。

明るい気持ちにあふれた毎日が本当にやってきます。

それでは、あなたの未来を変えるために、

「育児ストレスで15キロ太った私がプロテインと出会って過食症を治した」方法についてご紹介していきますね。

過食に翻弄され続けた私の半生

まず、少し私自身の話をさせて下さい。

幼児期から既に肥満体型。

小学校高学年くらいには、「嫌なことがある→過食」のスパイラルがしっかりできあがっていました。

我が家では、母も、5歳上の姉も、私も、とにかくしょっちゅう有り余るお菓子を食べ続けていました。

会社帰りに菓子パンを頬張りながらお菓子を買いあさる

社会人になってから、ますます私の過食がひどくなりました。

会社を飛び出るように退社したら、駅までの地下街でお菓子を買いあさる。

チョコレート、クッキー、そして菓子パン。

それらを押し込むように頬張りながら駅へ向かう。

家に着くまで待つ、なんてことはできませんでした。

電車に乗り地元の駅に着いたら今度は家で過食する用のお菓子をまた買いこむ。

そして家に着いたら何事もなかったかのように母が用意してくれた高カロリーな食事をしっかり食べていました。

食べながら眠り、目覚めるとまた、食べていました。

結局この会社はすぐクビになり、数年間うつ病が悪化していました。

過食したいあまり、我が子を突き飛ばしてしまう

しばらくして結婚し出産すると、授乳期間が終わった頃からまた一段と過食がひどくなりました。

子供を抱っこ紐で抱えたままケーキ屋さん巡り。

5~6個ショートケーキを買って、一人で一気に全部食べる。

食べている姿は誰にも見られたくなかったので、いつもコソコソ隠れて食べます。

当時は「子供が昼寝している時」と「夫が寝た後」が、私の貴重な過食タイムでした。

なので、

夫や子供が早く寝てくれない時は本当にイライラ。

過食しても苦しい、過食できなくても苦しい。

とにかく「食べたいと思う」ことで頭がいっぱいになり、子供に隠れて「トイレで鍵をかけてお菓子を頬張る」ようにまでなっていました。

今までは、こうした過食の波が来てもせいぜい1、2ヶ月すればある程度マシになっていたんです。

でも、

この時ばかりはいつまでたってもおさまりませんでした。

どんどん太り、「あら、もう二人目?」とぽっこりお腹を妊婦さんと間違えられることも日常茶飯事。

そんなある時、子供がなかなか昼寝をしてくれず、寝室を歩き回る子供に向かって

過食を待ちきれなくなった私は、「早く寝ろ!」と怒りのあまり子供を突き飛ばしてしまったことがありました。

「これは限界だ」

「自分はおかしい。人間じゃない。」

と自分でもショックで毎日泣き暮らすようになっていました。

べジファースト、低GI、色々試してかえって過食が悪化

こんな悲惨な状況になるまでに、もちろん、ネットや雑誌で見た色々な方法を片っ端から試しまくりました。

  • 野菜から先に食べるべジファースト
  • 血糖値を上げにくいものを選ぶ低GIダイエット
  • タンパク質お肉や魚を必ず取る
  • オーガニックや無添加のものを選んで体への負担を減らす
  • お菓子を家の中に一切置かないようにする
  • お菓子をフルーツなどの自然な甘みに置き換える
  • 8時間以内に食事をすべて終わらせる
  • ココナッツオイルダイエット

などなど。

しかし、

せいぜいうまくいって一週間、その後「もっと激しい過食の波」がやってくるだけでした。

激変していた姉がすすめてくれたのは「プロテイン」を飲むこと

何もかもがもう限界に近づいていたある日、ふと転機が訪れたのです。

年末年始の集まりで、私はとても久しぶりに姉に会いました。

県外に嫁いでいる姉とはなかなか会えないものの、私にとっては「ポツポツながらにも過食のことをわかりあえる唯一の理解者」でした。

なので、

今回もまた、そんな話をしようと楽しみにしていました。

小さなころから、肥満児だった姉は思春期には嘔吐もあったので、私よりさらに太っていました。

髪も肌も決して年相応のものではなく老けて見え、いつも大きな体に暗い色の服ばかり着ている人でした。

ところが、

一目姉を見たときに、わたしは驚きすぎて声が出なくなりました。

久々に会った姉は、「体がとても引き締まり、表情はイキイキ」していました。

お肌も吹き出物は一切なくピカピカ。

髪もツヤがあり、以前の薄毛感はどこにも見当たりません。

姉の変貌ぶりに驚いている私に「今日は、はち子に絶対伝えようと思ってきたことがあるんだ」と話始めました。

姉を根こそぎ大変身させてしまった秘密。

それが「プロテイン」だったんです。

聞けば今までの食事にプロテインを取り入れただけ。

すると1ヶ月も経たないうちに、どんどん食欲が落ち着き、体と心がぐんぐん変わっていったとのことです。

「本当に・・・?エステとか行ったんじゃ。」とも思いましたが、本当にそれだけで、

運動を増やしたわけでもなく

無理やり食事を我慢したわけでもない

とのこと。

「めちゃくちゃ簡単に私も変われたからはち子も試してみてよ。」

と、見せてくれた商品画像は「アイハーブ」というサイトのプロテインでした。

日本のプロテインよりアイハーブをおススメする理由は「安くて高品質」だから

姉いわく、

日本の薬局とかで売られているプロテインでも別にいいけど、「飲み続けるならかなり割高になるから、アイハーブがいい」とのこと。

日本のものは、肝心のタンパク質成分の配合がすごく少ないから、結局コスパが悪くなってしまうそうです。

その点アイハーブだと4000円強以上で送料も無料、1週間もしないうちに届くので、おすすめだと。

姉は試しに袋に小分けしたものをサンプルとしてくれました。

ものすごい変な味だったらどうしようかと思ったのですが、本当に無味無臭でした。

特にクセもなく飲み続けられそうな気がしました。

何より、初めてプロテインを飲んだ時、ふわっと「自分が何かに許されたような」気がしました。

1週間も経たないうちに「過食量が圧倒的に減った」ことによるメリット3つ

プロテインは、最初から大量に飲むと、アレルギーのような症状が出ることがあります。

まずは10g程度から少しずつ量を増やして、最終的に20gくらいを1日2~3回飲めるといいとのこと。

そこから私は「ちょっと何かお菓子が食べたいな」と思ったときにまずこのプロテインを飲むようにしました。

すると、

一週間もたたないうちに過食の量が圧倒的に減ったのです。

今まで私は、

チョコ菓子などのファミリーパックを開けると「一袋空けるまで食べきる」のが常でした。

途中で置いて、また後でということがどうしてもできなかったのです。

もはや気持ち悪くなってもノルマのように最後まで口の中に押し込んでいました。

それが、

最初の3つぐらいで自然に「なんかもういいかも」と思えたのです。

個包装のものに限らずチョコバーなども二口ぐらいかじって「もういい」と思えるようになりました。

そして、

買っていたお菓子の量もグンと減り、いつしか食べなくてもいい日が増えていきました。

生まれて初めて「容姿を褒められるようになった」

過食を毎日しなくなった日が続いていた頃、ちょうど新年度になり、子供の療育園が変わることになりました。

そこで新しくいろんなお母さんたちと出会うようになり、「肌を褒められる機会」がものすごく増えました。

「肌が綺麗」なんて小さな頃から一度も言われたことがなかったのに。

また、

新しい療育園の春の遠足の時の親子写真を見て「今までの自分とは表情も雰囲気も全く変わっている」ことにとても驚きました。

さらに夏頃、前年度まで通っていた療育園のOB会に出席したときも、色んなお母さんたちに目を丸くされ

「えっ、痩せたね?!」

「化粧品変えた?肌ピカピカになってる」

「なんで?何やったの?」

と、見た目の変化を指摘されました。

自由な時間とお金を手に入れて、本当にやりたいことがやれるようになった

今まで

  • 過食そのものに使っていた時間
  • 過食するのをネット検索するために使っていた時間
  • 過食するものを買いにいくために使っていた時間
  • 過食するものを揃えるために使っていたお金

こういうものがすべて不要になり、一気に自由がやってきました。

もう、

  • スーパーでお菓子コーナーを必死に避けて通らなくてもいい
  • 慌てて過食用の食べ物を買いに行かなくていい
  • ネット限定の「大きいサイズ」じゃなく店舗で試着して服が買える、なんてラク!

この解放感は本当にすごかったです。

例えるなら、1週間ほとんど毎日雨だったのがある日ピカピカの快晴になった。

そんな感じでした。

そして今まで過食関連に使っていたお金や時間で

  • 今まで高くて買えなかった本を買ってゆっくり読書
  • 絵を描くための画材を増やす
  • 子供が行きたい場所に付き合って、一緒にたくさん笑う

など、「ずっと憧れていたゆったりとした生活」ができるようになりました。

つらかった過食の経験と知識で人を支えることができた

過食に苦しみ、それを越えた経験で、今苦しんでいる友人を助けることもできました。

過食真っ只中にいたときは、後で必ず過食してしまうので

「誰かと食事をすること」すら避けていた私でしたが、過食がおさまるにつれて、ママ友さんなどとお茶に行くことも出てきました。

あるとき、

前の療育園で一緒だった、ちょっとふくよかなかわいらしいママさんと、お茶に行く機会がありました。

話の流れから

「お菓子が止まらなくて困っている」ということを、お相手のママさんが打ち明けてくれました。

わたしは、

  • 自分が過食症だったこと
  • 家族もそうだったこと、心療内科にも通ったこと
  • 当時すごくつらかったから、気持ちがわかるということ

などを、正直に伝えると、途中から彼女は「誰にも言えずにずっとつらかった。」と涙を流していました。

そんな彼女も、数か月後、すっかり過食はおさまったとのこと。

「あのとき、はちさんに話を聞いてもらったこと、プロテインを教えてもらって本当に本当に救われた」と何度もお礼を言ってもらいました。

「自分の過食体験が誰かを支えられる」なんて、思いもしなかったので、とても驚き、幸せでした。

そのときの感激が、今こうしてネットで活動することにもつながっています。

過食の苦しみはプロテインで簡単に抜け出せる

体調が良くなった今もプロテインは今も飲み続けています。

見た目を褒められるようになったことは、女性としてもちろん嬉しかったです。

しかし、

  • 子供や家族にイライラして当たらなくなり、家族みんなの笑顔が明らかに増えた
  • 「食べたい」と思う自分を責め続ける辛い時間から解放された
  • 本当にやりたいことにお金や時間を使えるようになった

ことが、大きな喜びでした。

後から勉強してわかったのですが「過食はただのタンパク質不足」。

意志が弱いわけでも

特別いやしいわけでも

一生このまま生きなければいけないわけでもなかった。

とにかく自分が「欠陥品・ダメ」なわけじゃなかった・・・。

そんな風に心から納得できたことに、どれほど救われたか。

みるみる呪いが溶けていくようでした。

もちろんあなたも、

今ご自身を責めていらっしゃるとしたら、それは決してあなたのせいじゃないです。

人は体を維持するエネルギーが足りなくなってしまうと、どうしても手っ取り早く燃料にするための糖質(お菓子や炭水化物など)をドカ食いするようになってしまうのです。

たとえ、

他人が同じ量の食事をとっていたとしても、エネルギーが足りるか足りないかは個体差がすごく大きいんです。

なのでたまたま、あなたがたくさんタンパク質を多く必要とする体だったというだけなのです。

アイハーブのプロテインに関する疑問Q&A

まずは、あなたの食生活にぜひプロテインを取り入れてみてください。

そうはいっても、実際始めてみるには、気になることがたくさんありますよね。

すごくマズかったらどうしよう?

もし味が気になるのであれば、このメーカーは小さめのサイズも販売しているので、お試しもできます。

ちょっと糖質量が増えてしまいますが、チョコレート味やバニラ味もあります。

ジュースが好きな方なら、はじめは味がついているモノの方が飲みやすいかもしれないですね。

あと、ここが大事ですが

わたしがおススメしているプロテインは「たとえ開封していても、90日間の完全返金保証」がついています。

「体質に合わない」「味が苦手すぎる」場合は、アイハーブに連絡して返送すれば、代金をきちんと返してくれます。

ただし、

返送料は自己負担になりますが、いざという時返金できるのはかなりハードルが下がりますよね。

プロテインって、体に負担にならないの?

体が慣れないうちから、大量、例えば100g一気に取る、などをやってしまうと内臓に負荷がかかります。

でも、徐々に増やしていけば大丈夫です。

それよりも

このまま毎日吸収しきれない量のお菓子や菓子パンなどを詰め込んで、苦しむ方が圧倒的にリスクが高いです。

プロテインって高いんじゃないの?

いくら良くても高すぎたら続けられないって不安になりますよね。

でもそれはNoと言えます。

1日20g×2杯飲んだとして、このプロテイン、50日ぶんあります。

割引などを考慮すると1パックが実質5000円強なので「1日100円ちょっと」です。

過食のお菓子代に比べたら全然リーズナブルですよね。

プロテインって太ってしまうんじゃないの?

プロテインを飲むと「とても太る」「ムキムキになってしまう」という間違ったイメージが多くの人にはあります。

けどそんなことはないんです。

まず運動を併用しないことにはムキムキになるところまでの筋肉はつきません。

さらに「太るかどうか」ということについて。

もちろん食べ物なのでカロリーはありますが、たとえ20gのプロテインを2杯飲んだところで過食していた頃の食べ物の量に比べると、そのカロリー差は歴然です。

プロテインを飲んで、過食が落ち着くことの方が大幅にカロリーを抑えることにつながります。

アイハーブってうさん臭くないの?英語できないけど使えるの?

私も昔、「ペニーオークション」やタレントのステマによる不祥事の話題とごっちゃになり「アイハーブはブラックな怪しいサイト」と思い込んでいました。

でも、

アマゾンとかと同じ、普通の海外の通販会社です。

英語とか、関税とか、海外便の注文とかわからなくても、全然大丈夫です。

住所入力も日本語ですし、持ってきてくれるのも佐川急便さんやヤマト運輸さんです。

問い合わせTELやメールも、ナチュラルな日本語で応答してくれます。

かなり手厚く対応してくれますよ。

あなたの過食はきっと治せます

さて、いかがでしたか?

私のように「毎日食べることで頭がいっぱいで苦しくなっているあなた」を1日でも早く救いたい。

そんな思いで今回はこの記事を書きました。

とても長い記事をここまで読んでくださってありがとうございます。

まずは一度だけ、一杯だけ、気軽に試してみませんか。

買ってみて、どうしても無理なら飲まなければいいだけのこと。

返金してもらえばいいだけのこと。

毎日の食事にプロテインを加えることには「強い意志」や「高額な負担」は一切いりません。

苦しい毎日と戦うことは終わりにして、もっと自由に毎日を穏やかに過ごしていきましょう。

あなた自身にもご家族にも、さらにやさしい世界が広がりますように。

あなたの過食、きっと治ります。

応援していますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

追記 おすすめプロテインはこちら

アイハーブで扱っているプロテインは、Amazonや薬局で買えるものと比べると、どれも高品質で安いです。

その中でも、特におすすめなのが、

「California Gold Nutrition」のホエイプロテインアイソレート、です。

アイハーブの中でもベストセラー商品にランクインしています。

5段階中☆4.5というクチコミ評価。

この価格で、この高品質さは通常だったらムリなのですが、

アイハーブオリジナル製品なので、広告料などがカットされているぶんリーズナブルなんです。

添加物も極限まで削られているので、ほかの製品でおなかを壊してしまう人もコレならいけると大好評です。

おすすめプロテインはこちら