【子供の障害受け入れられない】無理なく受容が進み未来が拓ける3つのポイント

障害受容・医療や発達検査への疑問

お子さんが「障害児と認定されたことを、どうしても受け入れられない」と苦しまれていませんか?

・遺伝の可能性もあるなら、自分のせい?自分のことも責めてしまう

・何でうちの子が・・・。診断の日以来、毎日涙が出てしまう

・「誤診では?」医師に対して疑心暗鬼、怒りと悲しみがぐるぐる駆け巡る

ある日突然「障害児の母」になるとき、「目の前が真っ白とはこのことか」というほど、動揺しますよね。

わたしも、我が子の「さかさバイバイ」や「クレーン行動」を「いや、やめて、それ見たくない!」と思ってしまった時期がありました。

  • 「受け入れてあげなければ」という気持ちと
  • 「ふつうの子どもとして育ててあげたかった・・・」という葛藤

二つの強い感情がもみくちゃになり、心が壊れそうになりますよね。

少しずつでも着実に、

「お子さんの障害を無理なく受け入れていける」コツがあるとしたらどうでしょうか。

現在の強い絶望から抜け出し、希望を持つことができますね。

さらに、

お子さんと社会をつなぐ「世界一のパイプ役・案内人」になるために具体的に動き出すことができます。

そこで今回は、

「無理なく子供の障害受容が進み、未来が拓ける3つのポイント」を紹介します。

取り急ぎ「福祉サービスの利用手続き」をどんどん済ませる

診断後、揺れる気持ちはさておき、半ば機械的にでも「福祉サービスの利用手続き」をすすめましょう。

  • 療育プログラムの予約
  • 障害者手帳の申請
  • 児童デイを使えるならば見学予約
  • 特別児童扶養手当の申請

など、早めにやったほうがいいことは意外とたくさんあります。

発達障害の子供を預けたい!児童デイで早期療育を受ける絶大メリット3つ

2018.02.06

【発達障害とお金】特別児童扶養手当の基準でありがちな3つの誤解と注意点

2017.08.14

特に、療育施設はどこもパンパン。待ちでいっぱい。

いざ「吹っ切れて決心がついたから」と申し込む頃には、1年単位の予約待ちもザラです。

苦しいですが、ここは気持ちを割り切って、できることから手をつけていきましょう。

手続きを済ませるなかで、他の療育親子とふれ合える機会が増えてくると、スーッと癒やされる部分も大きいですよ。

情報をいれるために「発達障害の専門書を買って読んでみる」

お子さんのことをもっと理解しやすくするために「本やインターネットなどから発達障害の情報収集」をしてみましょう。

なぜなら、

人は、自分が体験していないことや知らないことはどうしても「こわい・不気味」という気持ちが強くなってしまうからです。

障害というものが「よくわからない」状態から

  • 「こういう人が多いのか」
  • 「こういうことで悩みがちなのか」
  • 「こういうことが苦手なのか」

などが、「わかる」ようになります。

すると、毎日の生活も格段にしやすくなります。

管理人

まずは、

「わかりやすそうな最新の専門書を一冊」持たれることをおすすめします。

なぜかというと、

パラパラと読むだけでも、全体像がつかみやすいからです。

ママたちのおすすめ!「こんな情報収集の方法がよかったよ」

実際に、「こんな情報収集の方法がよかった」という先輩ママたちの声をまとめて紹介します。

ママ

「インターネットで体験談を読む」ことがよかったです。

育児ブログもたくさんあるので生の声の情報が手に入りやすいです。

障害があると知って始めはこんな苦労があった、しかし、何年後こんなふうに変わったということがリアルに分かります。

ママ

家事の合間に軽く読める「コミックエッセイ」をよく読みました。

マンガだったら夫も読んでくれるので、二人で感想を言い合っていました。

子供の療育について話すきっかけにもなりました。

ママ

NPO法人主催の研修会に出席したのがすごくよかったです。

その場ですぐに質問ができること、

他のママたちのリアルな事例が聞けたことなどがかなり勉強になりました。

そこで出会ったママとは戦友になり、今も大切な存在です。

【発達障害1歳児】必見!ウチの自閉っ子に「本当にやってよかったこと」ランキング3

2018.04.19

【発達障害とママ会】一生役立つ療育仲間の集まりに速効で出会える3つの注意点

2017.05.02

発達障害についてちゃんと知っていくと「そんなに恐れるものではない」ことが、わかってきます。

少しずつでOKなので、ぜひ、情報収集をされてみてくださいね。

不安スパイラルを解消するためにビタミンCを1日3gとる

ストレスでいっぱいの心身を修復するためにビタミンCをたくさん摂りましょう。

なぜなら、

体内が「ストレス物質でいっぱい」な時は、どうしても「前向きな考え方ができなくなる」からです。

  • 未来のことに不安になる気持ち
  • 自分のせいだと自分を責めてしまう気持ち
  • 前向きな未来が描けないという絶望感

など、「お子さんの障害が明らかになったとき」には、ものすごい量のストレスがふりかかります。

このストレス物質がたまると

  • 冷え
  • 睡眠の乱れ
  • 老化(肌荒れ、薄毛)
  • ゆううつになる、気力がわかない
  • 食欲の乱れ
  • 風邪などを引きやすくなる
  • がん

など、体にとって、とてもダメージが大きい問題が起きてきます。

そうなるとますます、気持ちが沈み、ついには重度のうつ病になってしまうことも。

はつ子
だから、

そうなってしまう前に、あなたの体を救ってあげましょう。

このストレス物質を処理するには、大量のビタミンCを取り入れることが、とても効果的です。

体をきちんとケアすれば、心も必ずあがってきます。

ビタミンCを使った具体的なストレス対処方法

超簡単メガビタミン入門1」著書の小西伸也先生によると

引用

VC1日必要量成人80パーセントの人が10g~15g

とのことです。

ビタミンC15gなんて、相当意識しないとまず取れない量ですよ。

しかし、

はじめからビタミンCを大量に取ると

  • 胃痛
  • 下痢
  • おなかが張る

などの不快症状が出ることがあります。

まずは、

無理をせず「1日3g朝、昼、夜」と取り入れてみましょう。

少しずつ量を増やしてストレス物質を追い出し、前向きなエネルギーをガツンと取り戻してみてくださいね。

【発達障害とメガビタミン】誰でも確実に栄養療法がわかるおススメ本3冊

2018.07.01

まとめ

さて、いかがでしたか?

「無理なく子供の障害受容が進み、未来が拓けるポイント」

  1. 取り急ぎ「福祉サービスの利用手続き」をどんどん済ませる
  2. 情報をいれるために「発達障害の専門書を買って読んでみる」
  3. 不安スパイラルを解消するためにビタミンCを1日3gとる

この3つですよ、というお話でした。

我が子の発達の特性が明らかになることに動揺しない親はいません。

けれども、

今後何年間も彼らの生きづらさを見過ごしてしまうより、結果的にはよかったのではないでしょうか。

障害受容には、必ず長い時間がかかります。

少しずつ、すこーしずつでいいんです。

あなたのショックが雪解けのようにやわらぎ、前向きなパワーがまたもどってきますように。

そして、

お子さんのこれからが、あたたかい手をたくさん伸ばされる、豊かな人生になりますように。

それでは、今回はこのへんで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※裏技※

ストレスで傷んだ身体を修復してくれるビタミンC。

食品から3g取るには、レモンが60個必要です。

リーズナブル。飲みやすい。高品質。

ここはラクして、サプリメントで取りませんか?

3gずつ摂取しても「1日あたりわずか19円」。1か月以上もちます。

https://iherb.co/3feCyfKj

こちらもさらに、あっと驚く解決法を紹介中です:「「発達障害っ子に対して前向きになれない」疲れたママの未来が確実に変わる方法5つ」

パパの障害受容をスルスル進めるには:「【父親の理解がない】子供の障害受容を劇的に進める今すぐやるべき3つの戦略」

とにかく頑張る、その前にぜひこちらを:「「健常児に追いつかせたい!」頑張りすぎちゃう療育親子の苦しみを解き放つ5つのヒント」

B!