【発達障害の誤診?】診断名に納得できない時に取るべき3つの方法

医師から告げられた、お子さんの「発達障害の診断名」に納得がいかず、「誤診ではないだろうか」と戸惑われていませんか?

 

子供の様子をちらっと見ただけ、或いは聞き取りだけで、「障害があるのかどうか本当にわかったのだろうか?」納得がいかない

 

かかりつけ医と診断医の意見が異なるのに、「発達検査の結果だけで判断をされてしまった」ようなモヤモヤが残っている

 

・子供の様子を聞き取りされた時に、自分の説明の仕方が悪かったために、誤解されてしまったのではないか」と思う節がある

 

こんにちは。自閉症児の母ライター、ソウカイです。

緊張して落ち着かない状態のお子さんを、ちらりと診察した医師からサッと「発達障害です」と言われると、「本当にこの診断は合っているのだろうか」と動揺と疑いの気持ちを持ってしまいますよね。

※発達検査でも、お子さんがいつもどおり振舞えないこともよくあります。
発達検査で誤診?いつも通り振舞えなくても失敗にならない理由

 

発達障害の診断に「誤診が」起こるということはあるのでしょうか?

実際のところ「発達障害」は、『血圧140mmHg以上→高血圧認定』『血色素濃度が11.5g/dl未満→貧血認定』のように「健常者と発達障害者を線引きするような具体的な数値ライン」は存在しません

診断基準が医師の聞き取り、発達検査などが診断基準になるので、医師によって見立てが多少異なるということは有り得ます

発達障害の診断名が消える子に共通する特徴3つ「一生つくとは限らない」

 

大切なわが子に、突然降ってきたような「発達障害」の確定には、受け入れがたい抵抗感や、動揺が湧き上がることでしょう。

このまま結果が誤診だったのではないかと、診断医を信頼しきれず、療育等のアプローチを進めていくことができなければ、親子ともに宙ぶらりんな状態で苦しみ、いつまでも先に進むことができなくなってしまいます

 

「誤診ではないかという気持ちをスッキリ払拭」し、あなたが腑に落ちた状態で本当のことを受け止めることができれば、親子の未来をどんどん前向きに切り開いていけますよね。

そこで今回は、発達障害の診断に対して誤診ではないかという気持ちが沸いたときに、起こすべき行動を3つ紹介します。

納得いくまで説明を受ける

診断を受けたときに、生じた「どうして?」という疑問を、あなたが納得できるまでどんどん相談してみてください。

診断されたときは、発達障害という言葉に驚いてしまい、後の説明は耳に残らなかった、何も聞き返せなかったという場合は非常に多いです。

後日改めて、検査時や説明で生じた疑問をどんどん相談し、聞き取り事項の補足もしながら、モヤッとした大きな疑惑を細かくしていきましょう。

 

医師や施設にクレームをつけるのではなく、感情を整理し、疑問点をつぶしていくことはあなたにとって必要なタスク&時間です。

また、医師の中には小さなお子さんの親御さんに配慮して、決定的な診断名を伝えずに、あいまいな説明をする場合も多いです。

あなたが現在わかる情報はすべて受け止めたい、手がかりにしていきたいと思われるのであれば、その旨も伝えてみましょう。

セカンドオピニオンを取る

診断結果をどうも疑わしいと感じるならば、他の病院や発達外来で別の医師の診察を受けることも一つの方法です。

セカンドオピニオンでも、同様の結果を伝えられれば、受け止め方も変わってくるかもしれません。

複数の目からお子さんの様子を分析してもらうことは、有効なアプローチ方法を増やすチャンスです。

モヤモヤを抱えたまま、迷っているよりも、行動を起こしてすっきりしていきましょう。

ぜひ検討してみてくださいね。

診断された特性についての知識を深める

医師から伝えられた、お子さんの特性や診断名について情報収集し、知識を集めてみましょう

医師に伝えられたら診断内容は、しっくりこないように感じられるかもしれません。

しかし、その特性についてたくさんの情報を得ると、今までとは違った見方ができるようになります

よく目が合う自閉症の子もいます。

動きがおっとりして見える、多動タイプの子もいます。

地域の子育て広場や、発達障害支援センターの相談員など、少し発達障害に詳しい人たちから話を聞くと、特性への理解が深められることもあります。

特性への知識をつけて「わからなくてモヤモヤしていること」を一度片付けてから、次の対応策を検討していきましょう。

そして、次回の診察ではあなたの見解を医師に伝え、改めてお子さんを見てもらうようにしてみてくださいね。

まとめ

さて、いかがでしたか?

 

発達障害の診断に対して誤診ではないかという気持ちが沸いたときに、起こすべき3つの行動は

  • 納得いくまで説明を受ける
  • セカンドオピニオンを取る
  • 診断された特性についての知識を深める

ということがおすすめです、というお話でした。

お子さんの診断内容に対して「誤診ではないかという気持ちに折り合いをつけていく」ことはすぐには難しいかもしれません。

 

ただ、「健常者と認定されることが必ずしも幸せに繋がる」わけではありません。

むしろ、「発達障害のアンバランスさを抱えながら、健常者として生きていく」ことのほうが、周りとの摩擦も起こりやすいでしょう。

「こんなに簡単なこともなぜ自分はできないのだろう」と生涯悩み続けることになってしまうかもしれません。

診断名や発達検査の結果というのは、「我が子の才能を伸ばす手がかり」として参考にしながら、「どうしたら自立して社会に出て行くことができるか」を、考えながら一緒に歩んでいけると良いですね。

 

あなたの参考になることがあれば、とても嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

診断がついたなら「真っ先に確認してほしい」ことはこれ!特児手当をご存知ですか?
【発達障害とお金】特別児童扶養手当の基準でありがちな3つの誤解と注意点

発達が気になるお子さんたちに「絶対NG」な「習い事」って?
【発達障害っ子の習い事】親子で自信喪失?!絶対に避けるべきNGパターン6選

スポンサーリンク