【絵本を破る・噛む】発達障害の子供が劇的に読み聞かせを楽しめるようになる3つの対策

お困り症状の改善案

「うちの子、絵本をちゃんと使えない」と、困られていませんか?

・お友だちの家で絵本を破ってしまった。いたたまれない・・・

・母親に向かって絵本を投げつけてくる、わたしのことが嫌いなの?

・いつも最後まで読ませず、特定のページで絵本を閉じてしまう

発達障害の傾向があるお子さんは特に、赤ちゃん期を卒業しても「絵本の使い方」にトラブルが起こることが多いです。

※なかなか「おもちゃでうまく遊べない」お子さんへの対応はこちらの記事でふれています

「おもちゃで普通に遊べない」3つの方法で発達障害っ子の潜在能力を伸ばす技

2017.07.20

「破る、投げる、途中で閉じてしまう」など絵本のトラブルは、育児本でも解決策が見つかりにくいちょっとマイナーな悩み。

特に「破ってしまう」クセがある子には、図書館の絵本なども渡してあげられず困ってしまいますよね。

うちの子も、絵本が大好きなのに、破ったり、投げたり、途中で閉じたり・・・わたしも子どもが3歳になる前くらいまで悩みました。

本人もお気に入りの絵本をうまく扱えず本当は困っている様子。

そこで、「小児科の先生」「児童デイの先生」「支援センターの先生」など、色々な方からアドバイスをいただき対応したところ、今はトラブルなく絵本を楽しめるようになりました。

今回は、子供が絵本を「破る・投げる・途中で閉じてしまう」時の原因や対応方法について、わたしが聞いてよかったことをまとめます。

絵本を「破ってしまう」時期は「ページが厚い」ものを用意

お子さんが絵本をビリビリと破ってしまうときは、「破ることができない絵本」を用意してあげましょう。

絵本を破っている=大切に思っていない、というわけではないんです。

「紙を破る刺激」が脳をすごくワクワクさせている時期「絵本だからやめておこう」という判断がしづらくなっているのでしょう。

または、「絵本」と「破ってもいい紙」の区別がまだつきにくい場合も。

この時期に、破ってしまってから「ダメ!」とお子さんを叱るよりも、破りにくい素材の絵本を渡してあげる方が賢いです。

うちも一時期、突然絵本を破るようになってしまい、とても困ったことがありました。

思い切って、薄いページの絵本は全部隠し、厚い絵本のみを渡していると、1~2カ月ほどでもう破ろうとはしなくなりました。

時期がくると、自然と破らなくなると思います。

しばらくの間は、分厚いボードブックなどで対応してあげてみてくださいね。

絵本を「投げつけてくる」のは、手渡す技術が伸びるのを待つ

読み手の大人に向かって、「絵本を投げつけてくる」というトラブルは、「手渡す技術が未熟なために」起こっています。

大人に絵本を手渡そうとしているけれど、「体の使い方のぎこちなさ」や「コミュニケーション力が育つスピードのゆっくりさ」などが影響してうまくいかず、結果投げつけるという行動になってしまっています。

大人に絵本を投げつけ始めたら、「うまく渡せるようになるまであと少し」のサインです。

残念ながら特効薬はないのですが、「あと少し」ということで、しばらく待てば自然と解消していきます。

大声を出す、強く注意すると、かえってこじらせるかも

ここで「痛い!」と大声を出したり、「ダメでしょ!」と強く叱ってしまうと、大人の反応が刺激になり、パターン化する恐れがあります。

本人にとっても、叱られるという結果は全然ハッピーなものではないのですが、こういう「パターンができてしまうと繰り返さずにはいられない」お子さんも多いです。
(特に発達凸凹のあるお子さんの場合)

分厚い絵本の角などが顔に当たると思わぬ怪我につながるので、「飛んでくるかもしれない」ということを意識されながら、なんとか当たらないように過ごしていただきたいです。

絵本の「ページ途中で閉じてしまう」には、後ろのページの存在を知らせてあげる

それぞれの絵本を「最後まで読まず、同じページで閉じ終わってしまう」のは、実は後ろにもページがあることを気づいていないケースが多いそうです。

明らかにあと数ページあるでしょ、と大人から見たら思えるのですが、「このページが最後」という思い込みフィルターが入ると、わからなくなってしまうようですね。

こういうときは、「終わりじゃないでしょ!」と大人が言うと意地になって、余計にこじれてしまいます。

基本的には、成長と共に「お話が最後まである」ことを理解していくので、このまま見守ってあげていて大丈夫です。

そうはいっても、とママが気になるときの対応策は、「お子さんがその絵本を見ていない時に、わざと後ろのページを開いて置いておく」ことです。

何度か繰り返している間に、「あ、続きがあるのか」とゆっくり気づくことがありますよ。

まとめ

さて、いかがでしたか?

子どもが絵本をうまく扱えず、色々なトラブルが起きてしまうときは

  • 「破ってしまわないように」ページが厚い絵本を用意してあげる
  • 「投げつけてくる」のは、当たらないように気を付けながら、成長を待つ
  • 「ページ途中で閉じてしまう」のは、気にしない、またはさりげなく後のページを見せてあげる

などの方法がgoodですよ、というおはなしでした。

小さな子どもたちは、多かれ少なかれみんな絵本が大好きですね。

トラブルになるような振る舞いをしているお子さんたちも、扱い方に慣れていないだけで、きっと絵本のことは大好きです。

大人の常識からすると、「うーん」と思ってしまうことも多々ありますが、「本人たちが絵本って楽しい」と思えることが一番。

気長に成長を見守ってあげたいですね。

それでは、あなたとお子さんとの絵本タイムが、より楽しいものになりますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※注意※

言葉が遅い、癇癪、落ち着きがない、全般的に発達が遅い・・・

実は、幼児期の「鉄不足」がお子さんの「育てにくさ」を引き起こします。

甘みと酸味が美味しいお菓子感覚のサプリで、鉄不足を解消してあげませんか?

https://iherb.co/2pvkP7a7

詳しくはこちら「【発達障害を改善】2カ月で著効した幼児向け食事栄養療法3選」の記事へ。

B!