【仕事を変えるか】療育優先?発達障害っ子ママの働き方3選

「もっと子どもの療育に時間を使ってあげたい、けれどそんなにしょっちゅう仕事を休めない」と、

お子さんとの時間と、お仕事の時間のバランスに悩まれていることはありませんか?

 

・地域の保健士さんや、支援センターの指導員さんたちにもっと頻繁に相談できるように、平日に自由に動ける時間を確保したい

 

・働き方を変えてもっと子供と過ごす時間を増やして、園の行事などに積極的に参加した方がいいのかなと迷っている

 

・仕事は「母親としてではなく、自分個人としての」やりがいを非常に感じているため手放したくない、転職後の収入が減ることも気になる

 

 

お子さんの発達障害が発覚して、ご自身のお仕事について改めて考え直される方はとても多いですね。

 

思い切って今のフルタイムの仕事をやめたほうが良いのかもしれないけれど、

将来のためにお金を用意してあげることも大切だし・・・と

中ぶらりんな状態では気持ちも落ち着かず、

また仕事にも集中しきれずに精神的に疲れてしまいますよね。

 

では、今の仕事や働き方を見直すとしたら一体どんな方法があるのかどうかを

具体的に検討することができたら、

将来どうしていくかの見通しが立てやすくなり、今に集中することができますね。

 

そこで今回は現状のワークライフバランスを見直すきっかけになるような働き方の提案を3つと簡単なワークをご紹介します!

 

 

【仕事を変えるかどうか】発達障害児ママの働き方3つと簡単ワーク紹介

 

現状を維持し、平日は仕事、休日は子どもと割り切る

 

お仕事は今のまま維持し、平日と休日でメリハリをつけて

バランスを取っていかれるというのはいかがでしょうか?

 

生活していく上でお金の問題は避けて通れないものですし、

経済的に余裕が生まれることで、お子さんの将来の選択肢を広められるというところが大きなメリットです。

 

漠然と、仕事を続けていくことを選ばれるよりも、

「子どもが小学生になるまでは続けたい」

「兄弟を考えているから、二人目妊娠までは頑張りたい」など

ある程度期限を決められて取り組むと、

あなたにとってのお仕事がどの程度大切なものであるかどうかが見えてきやすいですよ。

ぜひ、新たな気持ちで今のお仕事に取り組まれてくださいね。

 

今の就職先で時短契約を結びなおしてもらう

 

現在お仕事をされている職場で、雇用形態を変えて、

時給や勤務時間を短縮してもらうという対策はいかがでしょうか?

前例を調べてみたり、可能であれば一度上司などに相談してみましょう。

 

はっきりと時給や勤務形態が違うことを周囲も認識していれば

急な早退や、お子さんの行事でお休みを取るときなども

あなたも周囲もお互いに、ストレスがたまりにくくなります。

 

是非一度、検討してみてくださいね。

 

転職して働き方そのものも見直す

 

時間的なゆとりを優先させたい、通勤時間を短縮させたいという場合は、

思い切って今の職場を手放し、働き方を変えてみるのも1つの方法です。

 

勤務時間や日数に融通が利く、通勤時間も今より短くできるような就職先を探し直し、新たにチャレンジしてみましょう。

 

1から選びなおせるので、お子さんとの時間を優先させたい曜日などが決まっている方であれば、

最初からその曜日は外した形で応募もできますし、

今回が良いターニングポイントになるかもしれません。

 

また、最近は在宅ワークでお給料を稼いでいるという、育児中のママもとても多くなっています。

インターネットを使った軽作業、ライター業、テープ起こし作業や簡単な入力事務など、

なんといっても自分の空き時間に好きなように受注量を調整できることも魅力的ですね。

 

こういった事務ワークが得意な方は一度、お試し登録をされてみて、

実際にいくつかお仕事を体験されてみてはいかがでしょうか?

 

 

考えがまとまらない場合の簡単書き出しワーク

 

あれこれともやもやしていて、一向に考えがまとまらない!という方は、

一度紙に書き出して整理をしてみましょう。

 

【紙に書き出して優先順位を見直すコツ】

 

①まずはうまくまとめようとせずに思いついたまま、出てくることを書き出してみる。

(ウォーミングアップも兼ねています)

 

②ある程度出し切れたら次に、各働き方についてあなたが思うメリットデメリットや

こういった案があるなど、①で書き出した事柄を整理していく。

 

③書き出せたものを眺める。追記があったら書く。

 

④メリットの中でもっとも重要だと思う事柄3つを丸で囲む。

 

⑤デメリットの中でもっとも避けたいと思う事柄を1つ丸で囲む。

 

いかがでしたか?

頭の中だけで考えていたことを、こうして一度自分から外に出して可視化することで、

自分の中で本当に望んでいるものがどういうことかが見え、

自ずと優先順位が分かってきます

 

是非一度試してみてくださいね。

 

 

さて『【仕事を変えるかどうか】発達障害児ママの働き方3つと簡単ワーク紹介』はいかがでしたか?

 

 

働き方の選択については非常に慎重になりますよね。

働き方に限って言えることではありませんが、

どの働き方を取ってもメリットデメリットがあります。

 

今回、選ばなかった選択肢についてはバッサリ切り捨て、

あなたらしく人生を楽しんでいけるために 自信を持ってお仕事に取り組んでいきましょう。

 

現在は専業主婦という方も、誰かのために自分のスキルを提供しているという点では、

全く同じです。

生き生きと働くあなたをお子さんもきっと誇らしく思ってくれていますよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク