【発達障害児の唾吐き】叱ると逆効果!〇〇を使った即効シンプルな唾遊び防止法

子供が部屋の中で唾吐き」をする、

何度言っても直らなくて心底困っている!
ということはありませんか?

 

・唾吐きが心配で外出ができない

 

・ダメ!と言ってもニヤニヤして余計に繰り返す

 

・あらゆるオモチャにも唾を溜めて、
家じゅうがツバ臭くなってしまった、悲しい

 

 

こんにちは、ソウカイです。

 

自閉症の我が子が3歳のころに「唾吐きブーム」が来てしまい、
家じゅうクサイし、
歩くとしょっちゅう唾を踏んでしまうしで、
精神的にかなり参っていました

 

なんとか解消したくてあれこれ相談したところ、
児童デイのベテラン先生から
とっておきの方法を聞き、
唾吐きブームを無事に終わらせることができたんです。

 

同じようなお悩みを持つ、
あなたにぜひともシェアして
唾吐きブームから颯爽と抜け出していただきたいので

 

今回は
あるものを使って
「子供の唾吐きブーム」に即効効果があった
簡単な方法について紹介します。

用意するものは「だし昆布」

今回使用するのはこちら、だし昆布です。

 

おやつ昆布とかのやわらかいものではなく
分厚く大きい「だし用」のものがおすすめです。

 

お子さんが飲み込んでしまわないくらいの大きさ
(手で持てるくらい)にカットして

唾吐きを始めたら、
昆布だよ~!」と

お口にいれてあげてください

 

お子さんの唾吐きは、
やりたくてやっているというよりは
「唾が出てくる、外に出す」という
ループにハマってしまっていて
断ち切れなくなっていることが多いです。

 

そこで、昆布をくわえさせてあげることで
唾を吐き出す行為から興味をそらし、
新しい流れをインプットしてあげるのです。

 

ちなみに同じような方法で、
オモチャを手に持たせて気をそらすという
アドバイスも受けたことがあるのですが、
これは全然効果なしでした。

オモチャ持ったまま唾吐きしてました。

 

あと、昆布がダメなら、するめとかも良いですよ。

ぜひ、試してみてくださいね。

「ダメ!」と叱るのは逆効果

唾吐きに限らず、
やってほしくないこと」を
発達障害児に伝えるときの注意点ですが、

・「ダメ!」と大声を出す
・「なんでそういうことするの?!」と怒る

などは、NGなんです。

 

なぜかというと、
彼らの中で

「やってほしくないことをする」

「ダメ!」と叱られる【刺激】

ものすごくつらい気持ちになる

癇癪【反応】

というような一連の流れができてしまうからです。

 

たとえ本人たちが望まないネガティブな結果になることでも
この流れを繰り返し繰り返し
再現させなきゃ気が済まないという衝動が起きてしまうんですね。

 

ニヤニヤしながら同じことを繰り返すのは
わざとやっているというわけでなく、
本人にも止められなくて困っている場合もあるんです。

 

わたしもついつい大声を出してしまいますが、
このことをちょっと頭の片隅にとどめておいてみてくださいね

(※「机の上にのぼって困る」「人を叩いてしまう」などの対策はこちらへ)

唾を溜められそうなオモチャは撤去しておく

唾を溜めることに執着してしまいそうなオモチャ
一時的にすべて隠してしまいましょう。

 

うちの子は、
床に唾を吐くブームと同時期に、
ありとあらゆるオモチャや、
くぼみに唾を溜めるブームもきていました。

 

対策として、
ままごと、木箱、パズルのケース、
ミニカーなどなど
ほとんどの凹みがあるオモチャを
一時的に撤去し、
物理的に、唾を溜めることができないようにしました。

 

ほとんどのオモチャが無くなり、
がらーんとしてしまって
「こんなことをしていいのだろうか」とも迷いましたが
結果的に、早く唾遊びブームが去ってくれたように思います。

 

ダメ!と言うことになりそうなものは
できるだけ退けてしまうということも
とてもお勧めの方法なので、やってみてくださいね。

まとめ 唾吐きは一過性のモノ、やがておさまる

さて、いかがでしたか?

 

 

発達障害児の唾吐きから
興味をそらし、

衝動を抑えてあげる方法とは

 

◎「だし昆布」を用意して、
唾吐きを始めたら口に入れてあげる

 

◎「ダメ!」と叱らないように、刺激しない

 

◎唾を溜められそうなオモチャは撤去しておく

 

というお話でした。

 

 

我が家もこれらの方法で
あまり刺激せずに過ごしていると
1か月も経たないうちに
まったくやらなくなってくれました

なにか、納得したのですかね。

 

唾ブームは決して歓迎できるものではありませんが
一過性のモノとして、
静かに、時期がすぎるのを待ちましょう。

まずは、次のお買い物のときに
昆布かするめを揃えてみて、
お試ししてみてくださいね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク