「育児ストレス解消」簡単13選☆親子でできるママのリフレッシュ方法

「育児ストレスがたまってきて息抜きしたい」けれど、近々託児できる予定がなく、リフレッシュに飢えているということはありませんか?

 

・毎日子どものペースで大泣きされたり叫ばれたりで目まいがする

・ゆっくりご飯も食べられない生活が、ずっと続いていて疲れた

・子供はかわいいけれど、正直「お世話したくないなー、騒がれるとうるさいなー」と思ってしまう

 

毎日お子さんとずっとべったり一緒で、ママがほっとする時間がない状態は、精神的な疲れや孤独感がどんどん強くなってしまいますよね。

 

本当は誰かにお子さんを見てもらっていて、ママがめいっぱい羽を伸ばしてリフレッシュできるのが一番です。

ただ、なかなかすぐにそういう機会が持てないという場合も多いですよね。

 

預けられないからといってママがひたすら我慢を続けていると、お子さんへのイライラが強まり、お子さんもますます不安定になり、さらに無理難題を言ってくるようになってしまうかもしれません。

 

お子さんと一緒にいる時間は減らせないものの、「ちょっとした息抜き方法を生活の中でうまく取り入れることができれば」どうでしょう?

ママの閉塞感やしんどい思いが少し楽になり、どうにもならないこの時期をうまく乗り切れるような希望がわいてくる感じがされませんか?

 

そこで今回は、「お子さんを預けることができないママが、育児ストレスを解消できるような」簡単リフレッシュ方法の見つけ方と案を13選紹介します。

あなたにぴったりの息抜き方法の探し方のコツ

まずはあなたの中にある「ワクワクのタネ」をざっくり整理して、あなたにぴったりの息抜き方法を探してみましょう。

①キッチンタイマーを5分間にセットし、 A4以上の紙を広げ、筆記具を用意します。

②キッチンタイマーをスタートさせ、その紙に思いつくままに「自分のやりたいこと、好きなこと」をスケールを気にせずどんどん書いていきましょう

単語でもOKです!

綺麗に書くことや、まとめて整理することが目的ではないので、思いつくままにどんどん書き出してみてください。

例えば、「ハワイのビーチ」「エステ」「一日中映画」「好きなブランド名」など。

③5分たったら、書くことを中断し、改めてその紙を見てみましょう。

 

あなたの、今やりたいこと好きなことはどんなものに集中していましたか?

その中から実際に今やれそうなことを、「A:子供と一緒にできること」「B:子供が昼寝をしている時、離れている時に家の中でできること」「C:子供を預けている時ならできること」などにざっくりと分けていきます。

すると、あなたオリジナルの「ベストなストレス解消方法」リストができ上がります。

 

世間的にはリフレッシュ方法になる、と言われていることも、実は、人によっては心から楽しめることではないこともたくさんあります。

けれど、「なんとなく、良いと言われているから良いのだろう」と、わたしたちはよく漠然としたメディア情報などを信じてしまいがちなんです。

 

しかし、あなたの中から湧き上がってきた、このオーダーメイドリストには、あなたが心からやりたい!と思ったことばかりが載っているので、外野の声はありません。

好きなことにうちこむときの、ワクワクパワーの癒しは本当に絶大です。

 

「今度、お子さんを預けられるときはここに行こう、これをやってみよう」など、もしかしたら意外な「やりたいこと」も紙に出てきたかもしれませんね。

あなたが一番、やりたい!と思えることをどんどん見つけて、試してみてくださいね。

親子で一緒にリフレッシュする方法

ここからは、お子さんと一緒に親子でできるリフレッシュ方法について紹介します。

ママ友親子とデリバリーランチパーティー

社交的で「みんなでワイワイするのが好きだ」というママは、親子で集まってデリバリーランチ会はいかがでしょうか?

お菓子作り、たこ焼きパーティー、お子さんも交えてサンドイッチ作りなども楽しいかもしれません。

また、みんなでピザなどを取って食べるのもワイワイしていておもしろいかもしれませんね。

親子でベビースイミング・親子ヨガ

「親子で参加できるベビースイミングやヨガ教室」なども最近は増えてきました。

一緒にお子さんと楽しんだり、ママがヨガをするそばで、お子さんは自由に遊べたり、隣の部屋でおもちゃで遊べたりといろんなタイプがありますね。

見学に行かれてみて、お2人に合いそうであれば、何度か通ってみるのもおもしろそうです。

外食&コンビニのイートインコーナーでカフェタイム

外食が気分転換になるというママは、お子さんと一緒に外食することもおすすめです。

「レストランに入るには、費用もかかるし、お子さんが騒いでしまうので心配」という場合は、コンビニのイートインコーナーを利用するのはいかがでしょうか?

10円のお菓子からイートインOKなので、とてもリーズナブルです。

おかず系おやつのから揚げなども充実していますし、できたてコーヒーとお菓子で、親子プチパーティーをするのも楽しいですね。

託児つきの講習会に参加

市のホームページや民間のカルチャースクールなどで探してみると、「託児つきの講習会」が意外と多く開催されていることをご存知でしたか?

発達障害に関する内容を勉強するものから、読書などの趣味を楽しめる講座、再就職のスキルアップにつながるような講座もあります。

「ママも勉強しながらほっと一息」つけるし、お子さんもいつもとは違う空間やおもちゃで遊べ、お互いに良きリフレッシュになるかもしれません。

何かを学ぶことが好きというママにはぜひおすすめしたいです。

キッズルームつきのカラオケ

「歌うことが何よりのストレスの発散」というママはお子さんと一緒にキッズルームがあるカラオケに行ってみるのはどうでしょう?

カラオケルームでしたら、お子さんが多少騒いでも大丈夫ですし、フラットなお部屋であれば、ゴロゴロ寝転びたいお子さんにも安心です。

ママは歌う、お子さんは絵本などでももちろん OK ですし、テレビ映像があるのでお子さんも楽しめるかもしれませんね。

おうち中で子供と離れて、ちょっと息抜き系リフレッシュ方法

お子さんが1人遊びに夢中な時、お昼寝をしている時などに、さっとママがリフレッシュできる方法を集めてみました。

「なかなかお子さんから離れにくい」というママは、同じ部屋の中でサークルみたいな物を使って、お子さんのスペースとママのスペースを分ける時間があるのも、ママがほっとする時間を確保するためにとても良いですよ。

お昼寝でスッキリ体力回復

時には、お子さんの好きな DVD を上映させておいて、ママがお昼寝して体力回復させるというのも良いリフレッシュ方法になります。

大人は子供と違い、15分のお昼寝で夜間睡眠の約3時間ぶんくらい、心身が回復するという研究結果もあります。

たとえ15分が確保できなくても、ほんの2~3分、5分でも、目を閉じて横になるだけで、その後かなりパワーアップして過ごせますよ。

有意義な投資タイムと割り切って、遠慮なく休憩させてもらいましょう。

ベランダ菜園&ガーデニング

「植物を育てることで癒される、リフレッシュになる」という場合は、ベランダ菜園やガーデニングはいかがでしょうか。

お子さんと一緒にやってもよし、1人で大切に育ててもよし。

植物が力強くぐんぐん育ち、綺麗な花を咲かせていく様子を見守るのは、心が癒されてとてもリラックスできる効果がありますね。

インターネット

インターネットを使って、ワクワクする楽しいと思えることを沢山やってみましょう!

ちょっとした隙間時間に、手のひらですぐに起動、即始められる簡単さが最高のメリットですね。

ブログを作る

書くことが得意な方は、「ブログを作ってみて、毎日の面白いことや大好きな趣味について語る」ことはいかがでしょう?

だんだん記事が溜まっていくことは、実はとても達成感があります。

また、ブログを通して誰かと交流したいという方は、コメント欄のやりとりや、ブログ運営者のサークルなどに入ることで「ネットでの友達が沢山できてとても楽しい」という声もあります。

自分の部屋がもう一つできるようなおもしろい感覚が味わえますよ。

オンラインセミナーに参加する

近頃増えてきているオンラインセミナーに登録するのも面白いです。

「Facebookを使って参加するオンラインサロン」のようなものから、月額料を支払って会員になり、「サイト内の沢山の動画での授業が閲覧できるようなオンラインセミナー」のサイトもあります。

家から出て行かずに、すぐに何かを学ぶことができるというのは、好奇心旺盛なあなたには、とても魅力的なものではないでしょうか。

今は、無料で視聴できる動画も沢山ありますが、「お金を支払って有料で受ける」からこそ、脳全体の「吸収しよう!!」という馬力がぐーーんと上がるので、知識や技術の身に付き方が桁違いに良いです。

育児中独特の閉塞感や、社会から閉ざされてしまった孤立感からあなたを救ってくれる場合もありますよ。

子育て掲示板で悩み相談&閲覧をする

わたしたちと同じような、発達障害っ子ママたちが集まる掲示板で悩みを閲覧したり、書き込んだりすることもとてもおもしろいです。

なかなか周りに「発達障害のお子さんとのちょっとハードな生活を共感してもらえる場がない」という場合に、他の方の書き込みを見ていると、とても癒されることがありますよ。

ちょっとした悩みにも、先輩ママたちから沢山のアドバイスをもらえますし、「そういう困ったことあるなぁ」と客観的に眺めるだけで、何だかほっとする気持ちがわいてきます。

イヤホンで音楽を聴く

イヤホンをつけ、大好きな音楽の世界にトリップしてしまいましょう。

なんだか気分が乗らない日も、アップテンポな音楽に浸っていると、いつのまにか気持ちが切り替わっていたりします。

1分だけでも簡単にリフレッシュできるのが、音楽の良いところですね。

スクラップブッキング

「ハンドメイド系が好き」「写真をコラージュするのが好き」な場合は、スクラップブッキングを少しずつ楽しまれるのはいかがでしょうか?

撮りためている家族写真などを使えば、写真の整理もできるし、自分の癒し時間にもなるし一石二鳥です。

また、出来上がったものを人に見せることで、さらに満足感も増しますし、良い思い出として残しておけるものなのでステキですね。

漫画を読む

本屋さんから取り寄せた漫画、もしくはレンタルで借りてきた漫画を読み、大好きな世界に浸るたことも大きなリフレッシュになりますよね。

個人的には、この時間が一番集中できて、癒されます。

お子さんから離れて一食だけでもゆっくり食事をとる

お子さんが遊びに夢中の間にそっと離れて、おやつもしくは遅めの昼食など「ゆっくりお食事を取るだけで心がすっきりする」ことがあります。

たまには、お子さんがテレビを見ている間に隣の部屋で、ママに大好物のご褒美を味わう時間があっても、全然いいと思います。

まとめ

さて、いかがでしたか?

 

いろいろなリフレッシュ方法がありますが、あなたが「心から楽しいと思えるリフレッシュ時間を大切にする」ことは「お子さんとの生活に笑顔を増やしていくのに絶対必要な時間」です。

家族の笑顔のためにも、何とかあなたの大好きなことをする息抜き時間をもぎ取ってくださいね

 

こまめなリフレッシュ方法をはさんでいかれることで、毎日のおもしろいことも、おもしろくないことも、さらに色鮮やかに楽しまれていかれるように、応援しています!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク