「こわいママ友付き合い」療育ママ同士の嫌味妬みを回避する3つの法則

障害児ママ同士の「比べ合い」「さり気ない嫌味」が混ざるおつき合いに疲れてしまったということはありませんか?

 

・みんなの前でわが子についてあれこれ詮索してくるママがいてすごく苦手、対応に困る

・言葉のやりとりに不安な面があるから療育に来ているのに、「言葉出てるじゃん」「うちなんか全然喋らないのに贅沢だよ、自慢なの?」と言われショックだった

・同じ自閉症をの子供を持つママたちから「〇〇くんは奇声がないから『周りにばれなくて』いいよね~」といわれ複雑な気持ちになった

 

「〇〇ちゃんって、ここに来るような程度の子じゃないよね?何で来るんだろうね?」と、他のお子さんを大声で批判するママと一緒になってしまったときなど、どう返事していいのかわからずドギマギしてしまいますよね。

 

同じように障害を持つ子のママとして、様々なことを乗り越えてきているはずなのに、ふと聞こえてしまう嫌味。

重度のお子さんのママが、軽度のお子さんのママに対して皮肉を言ってしまうようなケースも、残念ながら少なくないようです。

 

誰かが誰かを「うらやましい」と思うことは生き物としてごく自然なこと。

ほとんどすべての人に備わっている「妬みの感情」自体は別に悪いものではありません。

ただ、その感情を思いのままに他人にぶつけてしまうかどうかはまた別の問題です。

 

といえども、せっかく子どもの成長を促すために参加している療育の場で、ママ同士の不毛なつき合いに消耗し、成長の機会を逃してしまっていてはとてももったいないです。

 

ママ同士の比べ合いやねたみを上手にかわす術がわかれば、いらぬストレスが減り、本来の「子どもの療育」に集中することができますね。

 

そこで今回は、「療育中の障害児ママ同士のつき合いに疲れてしまったママが、嫌味妬みを回避するための3つの法則」について紹介します。

秘するが花、我が子の長所はわざわざオープンに話さない

同年代の子供を持つママ同士のおつき合いでは、護身のために「我が子の長所」に関することをわざわざ話すことはやめておきましょう。

 

女性は、「自分の喜びを共感してもらいたい」という思いから、無意識のうちに「つい自慢ととらえられてしまう話」をしてしまうことがあります。

特に自分自身のことではなく、子供の話になると、「自慢のつもりは全くなくても」双方のやりとりに歪みが生じてしまうのです。

 

自分にとっては「何気ない一言」が、真剣に思いつめている他のママの、嫉妬の炎をメラメラとさせてしまうことも十分にありえます。

あえて我が子をけなし続けることもありませんが、「子供の長所話は思わぬ危険を呼ぶことがある」と知っておきましょう。

 

お子さんを、いさかいに巻き込まないために、ポジティブな話題には注意してみてくださいね。

全ママたちとわかり合えることを期待しすぎない

グループのメンバーであるママたち全員と「わかり合える、仲良くなれる」ということを期待しすぎないようにしましょう。

 

もともと「子供」というきっかけがなければ、関わり合わなかった人たちばかりなので、価値感、考え方、立場、家族構成、経済力など、お付き合いの上で違和感が出そう、共感できなさそうな下地は十分にあります。

さらに、子供に発達障害があるということで、真剣に向き合いすぎて「常に周囲から追い込まれているような錯覚」をしているママもいます。

 

嫌味がきつかったり、詮索が激しかったりという人は、あなたと同じような立場に見えても「あなたよりさらに精神的に追い詰められて、一般的な判断力を失ってしまっている」かもしれません。

「同じ立場同士、わかり合えるかも」ということを期待しすぎずに、感情的な人には「自分にはわかってあげられないつらさやはがゆさなどがあるのだろう」ということも心に留めておきましょう。

そして、「助けてあげなければ!」と距離を詰めすぎないように、ゆるいお付き合いを続けるようにしてみてくださいね。

場の責任者に相談する

特定の親子のことを大声で非難する、毎度妬みの対象にされるなど、あなたの日常に支障が出てくるほどの関わり方をしてくる人がいる場合は、その場の責任者に相談をしてみましょう。

ムキになって言い返す、また違う人たちとその人の悪口を言う、といった行動は、ものごとがこじれていくばかりなのでNGです。

 

責任者に「〇〇さんの振る舞いに、非常に迷惑している」とクレームを伝えるのでは、言われた側も困ってしまいます。

具体的な人名を出して指摘するよりも「他のママたちとのお付き合いが難しい。保護者付き合いに関するアドバイスがほしい。」という切り口で相談されるのが良いです。

 

こうしたコミニティーで問題になってしまうほどのママもまた、支援を必要としている方です。

センターの職員さん達に上手にフォローをいれてもらい、これ以上の被害を食い止めましょう。

 

またそこで教わった具体的なスルースキルを、今後のさまざまな保護者づきあいで武器として上手に活用してみてくださいね。

まとめ

さて、いかがでしたか?

 

妬みの感情に支配されてしまっている人たちの「比べ合い」から抜け出す方法は「我が子にとってプラスになることをわざわざ話さない」こと。

「コミュニティーのメンバー全員とわかり合える関係を期待しすぎない」こと。

「問題が起きた場合は自分たちで解決しようとせずに、センターの職員さんに相談する」こと、の3つが大切というお話でした。

 

「他人と比べてしまう妬みの感情」は、うまく利用すれば、自分の人生をぐっと進めていける、大きな原動力にもなります。

自分自身に起こる妬みの感情は、より良い生活に突き進んでいくための起爆剤にしましょう。

そして、妬みの感情に支配されてしまっている他人とは程よく距離をとり、「心の中でその人が問題を超えていけることを応援して」あげましょう。

 

療育の世界に限らず、幼稚園小学校など保護者同士の微妙な関係というのはこれからも続いていきます。

「健常児親子と疎遠に」孤独や劣等感を3分で粉砕する5つの方法

本来の「子供に気持ちよく療育を受けさせ、成長のチャンスを増やす」という目的を最優先し、挨拶と笑顔と謙遜と世間話を武器に乗り越えていきましょう。

そして、本当に心から気の合うママたちとのお付き合いを楽しんでいってくださいね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク